Widget Image

Invasion of Astro-Monster (1965)

怪獣大戦争 (1965)

G 96 min - Romance, Science Fiction, Action, Adventure - 19 December 1965
Your rating:

怪獣大戦争 (公開日: 1965年12月19日): 宇宙の帝王X星をゆるがすゴジラ・ラドン・キングギドラの大激闘!木星13番目の新惑星・X星が発見され、X星探査に派遣された地球連合宇宙局の宇宙パイロットたちは、X星人と遭遇してしまう。X星人たちはガンの特効薬と引き換えに、キングギドラ撃退のためゴジラとラドンを借りたいと人類に申し出る。だが、彼らの真の目的は地球侵略にあり、ゴジラ、ラドンをX星へ連れ出し、電磁波で洗脳すると、キングギドラとともに地球に送り込み人類への攻撃を開始する。果たして人類にX星人の野望を打ち砕く術はあるのか? In the 6th Godzilla movie, mysterious aliens from the Planet X ask earth's people to help them save their world from the dreaded Ghidorah (aka "Monster Zero") by letting them "borrow" Godzilla and Rodan. Monster mayhem ensues on Planet X, but it's soon discovered that the aliens have other intentions for the monsters. Invasion of Astro Monster, aka Monster Zero (Released December 19, 1965): The battle of Godzilla • Rodan • King Ghidrah shake the space empire of Planet X. Space pilots from the earth alliance are dispatched to explore the 13th planet, Planet X, where they are confronted by people from Planet X. The X people want to exchange a cure for all cancer with the people of Earth for Godzilla and Rodan in order to repel King Ghidrah. But their true purpose is to attack the earth. Godzilla and Rodan are brainwashed by X-Men with electromagnetic waves and along with King Ghidrah are sent to earth begin their attack against humanity. Will the people of earth be able to foil the plans of the X people? The literal translation of the Japanese movie title is "Greatest Monster Battle" and it's also known as "Monster Zero." Japanese Version: Released December 19, 1965 by Toho Motion Picture Company. Toho Scope, in color. Running Time: 94 minutes. US Version: Released July 29, 1970 by Maron Films. Premiered in Houston. Running Time: 94 minutes キングギドラに蹂躪される木星の新衛星、X星から地球にゴジラ、ラドンの貸出し要請が。しかしそれはワナで、X星人は3大怪獣を率いて地球侵略を開始した…。ゴジラシリーズに宇宙人が登場する、初の侵略もの。ゴジラ、ラドンが宇宙空間に飛び出し、キングギドラとX星で対決を繰り広げる様は圧巻。また、伊福部昭の“怪獣大戦争マーチ”にのって展開される、Aサイクル光線車第2班の反撃シーンは、血沸き肉踊る名シーン。ゴジラの“シェー”も必見だ。

Director:  Ishirô Honda
Stars:  Nick Adams, Akira Takarada, Jun Tazaki, Akira Kubo, Kumi Mizuno, Keiko Sawai, Yoshio Tsuchiya, Takamaru Sasaki, Gen Shimizu, Kenzô Tabu, Yoshifumi Tajima, Nadao Kirino, Kôji Uno, Tôru Ibuki, Kazuo Suzuki, Fuyuki Murakami, Noriko Sengoku, Someshô Matsumoto, Kamayuki Tsubono, Toki Shiozawa, Yasuhisa Tsutsumi, Rinsaku Ogata, Masaaki Tachibana, Yutaka Oka, Saburô Iketani, Yoshizo Tatake, Mitsuo Tsuda, Hideki Furukawa, Ryôji Shimizu, Minoru Itô, Takuzô Kumagai, Tadashi Okabe, Haruo Nakajima, Masaki Shinohara, Shôichi Hirose

Photos

No images were imported for this movie.

Storyline

怪獣大戦争 (公開日: 1965年12月19日): 宇宙の帝王X星をゆるがすゴジラ・ラドン・キングギドラの大激闘!木星13番目の新惑星・X星が発見され、X星探査に派遣された地球連合宇宙局の宇宙パイロットたちは、X星人と遭遇してしまう。X星人たちはガンの特効薬と引き換えに、キングギドラ撃退のためゴジラとラドンを借りたいと人類に申し出る。だが、彼らの真の目的は地球侵略にあり、ゴジラ、ラドンをX星へ連れ出し、電磁波で洗脳すると、キングギドラとともに地球に送り込み人類への攻撃を開始する。果たして人類にX星人の野望を打ち砕く術はあるのか? In the 6th Godzilla movie, mysterious aliens from the Planet X ask earth's people to help them save their world from the dreaded Ghidorah (aka "Monster Zero") by letting them "borrow" Godzilla and Rodan. Monster mayhem ensues on Planet X, but it's soon discovered that the aliens have other intentions for the monsters. Invasion of Astro Monster, aka Monster Zero (Released December 19, 1965): The battle of Godzilla • Rodan • King Ghidrah shake the space empire of Planet X. Space pilots from the earth alliance are dispatched to explore the 13th planet, Planet X, where they are confronted by people from Planet X. The X people want to exchange a cure for all cancer with the people of Earth for Godzilla and Rodan in order to repel King Ghidrah. But their true purpose is to attack the earth. Godzilla and Rodan are brainwashed by X-Men with electromagnetic waves and along with King Ghidrah are sent to earth begin their attack against humanity. Will the people of earth be able to foil the plans of the X people? The literal translation of the Japanese movie title is "Greatest Monster Battle" and it's also known as "Monster Zero." Japanese Version: Released December 19, 1965 by Toho Motion Picture Company. Toho Scope, in color. Running Time: 94 minutes. US Version: Released July 29, 1970 by Maron Films. Premiered in Houston. Running Time: 94 minutes キングギドラに蹂躪される木星の新衛星、X星から地球にゴジラ、ラドンの貸出し要請が。しかしそれはワナで、X星人は3大怪獣を率いて地球侵略を開始した…。ゴジラシリーズに宇宙人が登場する、初の侵略もの。ゴジラ、ラドンが宇宙空間に飛び出し、キングギドラとX星で対決を繰り広げる様は圧巻。また、伊福部昭の“怪獣大戦争マーチ”にのって展開される、Aサイクル光線車第2班の反撃シーンは、血沸き肉踊る名シーン。ゴジラの“シェー”も必見だ。


Collections: Ishirô Honda

Details

Official Website: 
Country:   Japan
Language:  Japanese
Release Date:  19 December 1965

Box Office

Company Credits

Production Companies:  Toho Company, United Productions of America (UPA)

Technical Specs

Runtime:  1 h 36 min

Story

196X年、木星13番目の新衛星Xの調査に向かった地球連合宇宙局の富士とグレンは、高度な文明を有しながらキングギドラのために地下生活を強いられているX星人と出会う。X星人は癌の特効薬と引き換えに、地球怪獣のゴジラとラドンを借りたいと申し出た。怪獣がどこにいるのかなど分からないという富士たちだが、統制官によると日本国内にいるという。富士たちはX星人の依頼を地球に持ち帰ったが、彼らを見送る統制官は笑みを浮かべながら何かを呟くのであった。

富士たちはX星人の要請を発表したことで地球は歓迎ムード一色となる。さらに、自衛隊の調査でX星人の指摘どおりゴジラが日本の明神湖にいることが判明。数日後、円盤で地球を訪れた統制官たちとの交渉が成立するが、富士とグレンはどこかうさん臭さを感じていた。かくしてX星に運ばれた二大怪獣はギドラを撃退する。一方、富士の妹であるハルノの恋人である町のしがない発明屋・鳥井哲男は、珍しく自分の発明を買ってくれた波川という美女によって「世界教育社」に招かれるが、いつまで経っても交渉が進まない。哲男は何度も世界教育社を訪れるうちに、波川がグレンの恋人であることを知る。不審に思った哲男は世界教育社が所有する目倉島の別荘に潜入するが、そこで捕らえられてしまう。

これらは全てX星人の罠であり、世界教育社はX星人の地球侵略の前線基地の隠れ蓑だった。X星人は癌特効薬データを装ったテープで地球の植民地化を宣言すると共に、電磁波で操られ、秘密裏に地球に再配置された三大怪獣の攻撃が始まり、地球は最大の危機にみまわれる。しかし、目倉島に囚われたグレンと哲男は、グレンとの愛のために命を落とした波川が最後に託した手紙と哲男の発明したレディガードがたまたまX星人の弱点である不協和音だったことを知ると脱走に成功する。

The people of Planet X ask to borrow Godzilla (Monster Zero-one) and Rodan (Monster Zero-two) from Earth to help repel King Ghidorah (Monster Zero) from their planet. In exchange for a “miracle drug”, the aliens would take control of the three monsters and set out to conquer Earth and its water supply. Two heroic astronauts, Glenn and Fuji, come to the rescue when Glenn’s alien girlfriend and a “techy” friend, who invented a pursing alarm, emits a buzz that disables the alien’s computers. Godzilla and Rodan are freed to fight Ghidorah.

Cast & Characters

富士一夫:宝田明
グレン:ニック・アダムス
波川(X星人):水野久美
富士ハルノ:沢井桂子
桜井博士:田崎潤
X星人統制官:土屋嘉男
鳥井哲男:久保明
自治代表:佐々木孝丸
医学代表:村上冬樹
移動司令:田島義文
世界教育社社長(X星人):田武謙三
下宿のおばさん:千石規子
宗教代表:松本染升
防衛代表:清水元
地球基地のX星人:伊吹徹、鈴木和夫
第一調査隊隊長:堤康久
第二調査隊隊長:桐野洋雄
婦人団体代表:塩沢とき
自衛隊員:津田光男、熊谷卓三
世界教育社社長秘書(地球基地のX星人):宇野晃司
宇宙局局員:橘正晃
記者:岡豊
自衛隊員:緒方燐作
宇宙局局員:岡部正、清水良二、古河秀樹
記者:坪野鎌之、伊藤実
ゴジラ:中島春雄
ラドン/野次馬:篠原正記
キングギドラ:広瀬正一
グレンの声:納谷悟朗
アナウンサー:池谷三郎
世界教育社の男(地球基地のX星人):勝部義夫、若松明
自衛隊員:坂本晴哉

Staff

製作:田中友幸
脚本:関沢新一
音楽:伊福部昭
撮影:小泉一
美術:北猛夫
録音:小沼渡
照明:小島正七
編集:藤井良平
チーフ助監督:梶田興治
製作担当者:鈴木政雄
監督助手:橋本幸治
整音:下永尚
音響効果:西本定正
スチル:田中一清
現像:東京現像所
監督:本多猪四郎

特殊技術
特技監督:円谷英二
撮影:有川貞昌、富岡素敬
美術:渡辺明
照明:岸田九一郎
火薬:山本久蔵
造形チーフ:利光貞三
繰演:中代文雄
チーフ助監督:中野昭慶
製作担当者:小池忠司
編集:石井清子
デザインワークス:小松崎茂

Producer: Tomoyuki Tanaka
Director: Ishiro Honda
Screenplay: Shinichi Sekizawa
Music: Akira Ifukube
Director of Photography: Hajime Koizumi
Lighting: Shohichi Kojima
Art Director: Takeo Kita
Editing: Ryohei Fuji
Sound Recording: Wataru Konuma
Sound Effects: Teisho Nishimoto
Audio Technician: Hisashi Shimonaga
Production Managers: Masao Suzuki,
Tadashi Koike
Assistant Director: Koji Kajita
Film Developing: Tokyo Developing Lab
Special Effects
Director: Eiji Tsuburaya
Directors of Photography: Teisho Arikawa, Mototaka Tomioka
Optical Photography: Yukop Manoda, Sadao Iizuka
Optical Processing: Hiroshi Mukaiyama
Assistant Director: Teruyoshi Nakano
Art Director: Akira Watanabe
Lighting: Kuichiro Kishida
Mechanical Effects: Fumio Nakadai

Trailer

MyKaiju