The Story of Godzilla’s Birth – Pt 70

5.13.2024

The Story of Godzilla's Birth
「ゴジラ誕生語」The Story of Godzilla's Birth by Osamu Yamaguchi

P 155

それから5年後、『ゴジラ』の製作発表会が行われた。

Five years later, the production presentation for “Godzilla” was held.

「それではスタッフのみなさん、壇上にお上がりください。」

“Now then, staff members, please come to the podium.”

進行役のリードで数名の映画関係者が一段高くなった壇に上がる。と、そのときだった。

Under the lead of the facilitator, several people involved in the film industry ascended to a raised stage. That was then.

「あれ、何だいあんた。」

“What’s that, you?”

そう言ったのは、伊福部だった。

It was Ifukube who said that.

「あんたこそ、なんでこんなところにいるんだい。」

“Why are you in this place?”

そう答えたのは、あの分厚いめがねをかけた、ただ酒のみの男だった。

The person who answered that question was a man wearing thick glasses who only drank alcohol.

「へえ~、あんた、円谷英二って名前だったのかい。」

“Hmm, your name was Eiji Tsuburaya, right?”

なんと、円谷こそ、あのただ酒男だったのだ。

Surprisingly, Tsuburaya was just a drinking man.

「あんたの名前はそれ、何て読むんだ?」

“How do you pronounce your name?”

「いふくべあきら。それよりあんた、何なんだよ。」

“Akira Ifukube. Besides, what are you doing?”

「おれは、この映画の特技担当だ。」

“I’m in charge of special effects for this movie.”

「おれは、音楽担当だ。」

“I’m in charge of music.”

信じられないような、のんびりした話である。実に5年間もの間、お互いに名前も知らず、たびたび会って酒を飲んでいた・・・・・・、いや、伊福部がおごっていたのである。

It’s an incredible, laid-back story. In fact, for five years, they didn’t even know each other’s names, and they often met for drinks…or rather, Ifukube was treating them well.

こうして『ゴジラ』にとって欠くことのできない2人が、同じ壇上に立った。

In this way, two people who are indispensable to “Godzilla” stood on the same podium.

伊福部昭は、田中がプロデュースした『銀嶺の果て』(昭和24年、谷口千吉監督)という映画で、映画音楽デビューを果たしていた。

Ifukube Akira had made his film music debut with the film “Snow Trail” (1944, directed by Chikichi Taniguchi), which was produced by Tanaka.

P 156

もちろん今回、その田中に見こまれて、『ゴジラ』の映画音楽を担当することになったのである。

Of course, this time, Tanaka was recognized and decided to be in charge of the film music for “Godzilla.”

この製作発表会のあと、伊福部の友人は、大まじめな顔でこう忠告した。

After the production presentation, Ifukube’s friend gave him the following advice with a serious face:

「本当にこの仕事をやるのか。こんなゲテモノ映画の音楽なんかやっていると、この先、仕事がとれなくなるぞ。」

“Are you really going to do this job? If you do music for these crazy movies, you’ll never be able to get a job.”

それに対して伊福部は、さらに大まじめな顔でこう答えた。

In response, Ifukube answered with an even more serious look.

「とんでもない。おれは大乗り気で引き受けたんだ。」

“That’s outrageous. I accepted with great enthusiasm.”

この言葉は、伊福部の本心から出たものだった。

These words came from Ifukube’s true heart.

昭和20年。伊福部は放射能障害を負うはめになった。当時「戦時科学研究員」として、放射線による航空機用木材強化の研究にたずさわっていたが、そこでは放射能をふせぐ防護服も用意されず、無防備のまま研究を続けていたためである。

1945. Ifukube suffered radiation sickness. At the time, he was working as a “wartime scientific researcher” and was involved in research into strengthening aircraft wood using radiation, but he was not provided with protective clothing to prevent radiation, so he continued his research without protection.

「ゴジラって、なんとなくおれに似ている・・・・・・。」

“Godzilla somehow resembles me…”

漠然とそんな思いをいだいた伊福部。水爆実験の結果誕生したゴジラという怪獣と、放射能障害を負わされた自分とを、無意識に重ね合わせていたのかもしれない。

Ifukube vaguely had this feeling. He may have unconsciously identified himself with the monster Godzilla, born as a result of a hydrogen bomb test, and with himself, who had suffered radiation damage.

伊福部は音楽家であったが、ちょっと変わった一面も持ち合わせていた。

Ifukube was a musician, but he also had a slightly unusual side.

「特撮の映画って、音楽についてはどうだこうだといった、つまらない音楽論が出てこないから、おれは大好きだ。」

“I love special effects movies because they don’t have boring theories about music.”

「幼稚園だの、小学校だのから聞こえてくる音楽の授業を聞いていると、いやになる。

“When I listen to music lessons in kindergarten or elementary school, I get sick of it.”