The Story of Godzilla’s Birth – Pt 61

4.7.2024

The Story of Godzilla's Birth
「ゴジラ誕生語」The Story of Godzilla's Birth by Osamu Yamaguchi

P 136

「その、ゴジラっちゅうのは、どこに来てんだ?」

“Where did that Godzilla thing come from?”

特撮映画の意味がわかっていない人も少なくなかった。助監督が説明する。

Many people did not understand the meaning of special effects movies. The assistant director explains.

「今日は動きのテストだから、ゴジラは来ません。」

“Today is a movement test, so Godzilla won’t come.”

今にしてみれば笑い話だが、当時としては、無理からぬことだった。何ごとも「初めて」というのは困難がつきまとうものだ。このあと、「ゴジラが出たぞ!」と判鐘が鳴り、住民が逃げるシーンでは、地元住民約300人がエキストラとして参加したが、ここでもやはり「笑ってしまう」という困った問題が起きていた。

It’s a funny story now, but at the time it was understandable. Doing something for the first time is fraught with difficulties. After this, about 300 local residents participated as extras in the scene where the bell rang and the residents ran away, saying, “Godzilla has appeared!” Again, the problem of “laughing” occurred. T

特撮現場のスタッフにしても、いったいできあがりはどんな映画になるのか、わかっているのは円谷ただひとり。だからキャメラも、照明も、操演も、みんながただがむしゃらに仕事をした。

Even among the special effects staff, Tsuburaya was the only one who knew exactly what kind of movie the finished product would be. That’s why everyone worked so hard, including the camera, lighting, and operations.

「さあ、ちょっとラッシュを見てみるか。」

“Now, let’s take a look at rush print.”

円谷の言葉に、みんながわきたつ。

Everyone was excited by Tsuburaya’s words.

「おお、すごいシーンが撮れていたんだな。」

“Wow, you were able to capture some amazing scenes.”

「おいほら、あのビルはおれが作ったんだぞ。」

“Hey, look, I built that building.”

「あの電線を張ったのはおれだ。」

“I was the one who strung up that wire.”

といった具合に、うるさいほどだった。うまく撮れているシーンでは、大喝采がわき起こった。美術も合成も、みんな大興奮だ。

It was so noisy. Scenes that were shot well were met with loud applause. Everyone is excited about the art and composition.

P 137

しかしそんな中で、円谷だけは無言だった。口を開いてもたいしたことは言わない。「うん、いいね。」「うまくいってるな。」といった具合である。何を考えているのかは、だれにもわからないが、円谷にとっては当たり前のことだったのだろう。

However, Tsuburaya was the only one who remained silent. Even when he opens his mouth, he doesn’t say much. “Yes, that’s nice.” “It’s going well.” No one knows what he was thinking, but it must have been obvious to Tsuburaya.

ただ円谷は、このラッシュを特撮スタッフ以外の人には決して見せようとしなかった。ただし、2人のゴジラ俳優には、自分の芝居が気になるだろうと、特別にラッシュを見せた。

However, Tsuburaya never tried to show this rush print to anyone other than the special effects staff. However, he gave a special rush print to the two Godzilla actors, saying they would be interested in their performances.

「なあ、有ちゃん。」

“Hey, Ari-chan.”

「有ちゃん」とは、有川のことだ。そう声をかけてきたのは、本編監督の本多だった。

“Ari-chan” refers to Arikawa. It was Honda, the main director, who called out to him.

「なあ、おれにもラッシュ、見せてくれよ。オヤジさんに言っても、ちっとも見せてくれないんだ。」

“Hey, show me rush print, too. Even when I tell the old man, he won’t show it to me at all.”

オヤジさん――このころの円谷は、スタッフのみんなからそう呼ばれるようになっていた。

Old Man–That’s what Tsuburaya was called by all the staff around this time.

「さあ、わたしにもわからないんです。」

“Well, I don’t know either.”

「そんなこと言わないで、もう一度オヤジさんにたのんでくれよ。」

“Don’t say that, just ask the old man again.”

なんと本編監督の本多にさえ見せないのである。有川は2人の間に入っていつも困っていた。

Surprisingly, they don’t even show it to Honda, the main director. Arikawa got in between the two and was always in trouble.

「あのう、また本多監督がラッシュを見たいって言ってるんですけど。」

“Umm, Director Honda wants to see rush print again.”

「いいんだ。そのうちおれが見せるから。」

“It’s okay. I’ll show it to you soon.”

返事はいつも同じだった。しかしあるとき、円谷は有川にこう語ったことがあった。

The answer was always the same. However, one day, Tsuburaya said this to Arikawa.

「おれは未完成のラッシュは見せたくないんだよ。特撮の現場で撮ったフィルムは完成品じゃない。それに作画や合成、音楽や効果音なんかが加わって、初めて完成するものなんだ。あとの仕上がりもわからずに、見たものだけでああだこうだと言われるのはいやなんだ。」

“I don’t want to show unfinished rushes.The film shot at the special effects site is not a finished product. It is only when drawing, compositing, music, sound effects, etc. are added that it becomes complete. I don’t want people to say something is like that based on what they see without knowing how it will turn out.”