The Story of Godzilla’s Birth – Pt 10

7.9.2023

The Story of Godzilla's Birth
「ゴジラ誕生語」The Story of Godzilla's Birth by Osamu Yamaguchi

P 24

本多が相談した人物は、たいてい似たような返事だった。しかし、最後に決めるのは自分だ。本多はある光景を思い出した。それは、広島の光景だった。原爆に焼かれ、草木も茂らない静まり返った街。

Most of the people Honda consulted gave similar answers. But in the end it’s up to you to decide. Honda remembered a scene. It was the sight of Hiroshima. A quiet city with no vegetation after being burned by the atomic bomb.

「あんなむごいことが二度とあってはいけない。この作品にそんなメッセージをこめることはできないだろうか。」

“Such a cruel thing should never happen again. Is it possible to put such a message in this work?”

本多は戦争から帰ってくる際、広島を通過した。原爆によって破壊しつくされ、地獄のようになっはかいじごくた広島の光景が、目に焼きついてはなれない。本多は後年、こう語っている。

Honda passed through Hiroshima on his way home from the war. The spectacle of Hiroshima, completely destroyed by the atomic bomb and turned into a hellish mess, cannot be burned into my memory. Honda later said:

「わたしが戦争から帰ってきて、汽車で広島を通過したとき、あたりには重々しい雰囲気が漂っていふんいきただよてね、まるでこの世の終わりがついにやってきたかという感じだった。そのときの気持ちが、この映画の礎となったんだよ。」

“When I came back from the war and passed through Hiroshima on the train, there was a heavy atmosphere around me, as if the end of the world had finally arrived. That was how I felt. It was the cornerstone of this film.”

本多は、まるで自分自身に言い聞かせるように何度か軽くうなずき、そして言った。「わかった。引き受けましょう。」

Honda nodded lightly several times as if to convince himself, and then said. “Okay. Let’s take it.”

本多の心は決まった。あの広島の光景が、本多を「G作品」に向かわせた大きな理由だと知る人は、当時だれもいなかった。

Honda’s mind was made up. At that time, no one knew that the sight of Hiroshima was a major reason for Honda to go to “G works.”

広島は、世界で初めて核爆弾が投下された都市である。昭和20(1945)年8月6日午前8時15分。広島市中心部でいったい何が起きたのか。だが、その正確なことはだれにもわからない。『ヒロシマ・ノート』(大江健三郎著、岩波新書)の冒頭にはこう書かれている。「爆心地の話をつたえてくれる人は、いません。」

Hiroshima is the first city in the world to drop a nuclear bomb. 8:15 am on August 6, 1945. What happened in the center of Hiroshima city? But no one knows for sure. This is what is written at the beginning of “Hiroshima Notes” (Kenzaburo Oe, Iwanami Shinsho). “There is no one who can tell me the story of the hypocenter.”

P 25

そのとき、爆心地にいた人で生き残った人はいない。その様子は、だれにもわからないのだ。ただ、爆心地からはなれた地点にいた人で、こう語った人はいる。

No one who was in the hypocenter at that time survived. No one knows what it looks like. However, there was a person who was far from the hypocenter who said,

「B2の爆音に空を仰いだ。すると落下傘(パラシュート)につるされたキラキラ光る箱のようなもの、かんあるいはドラム缶のような物体が落ちてくるのが見えた。」

“I looked up at the sound of B2’s explosion, and saw something like a glittering box, a can or an object like a drum falling from a parachute.”

それは、B2(アメリカの戦略爆撃機)から投下されて4秒後、地上580メートルの高さに達したところでまぶしい光のかたまりとなった。最大直径280メートル。中心温度100万℃、表面温度かがやあとかた5000℃の大火球となって約10秒間輝き続け、そして広島市の中心地は、跡形もなく消滅した。

Four seconds after being dropped from a B2 (an American strategic bomber), it reached a height of 580 meters above the ground and became a dazzling ball of light. Maximum diameter 280 meters. The center temperature was 1,000,000°C, and the surface temperature was 5,000°C, and it became a large fireball that continued to shine for about 10 seconds, and the center of Hiroshima disappeared without a trace.

本多の目に焼きついたのは、その跡形もなくなったヒロシマの街だった。

What burned into Honda’s eyes was the city of Hiroshima, where there was no trace of it.