Godzilla vs SpaceGodzilla Soundtrack

6.12.2024

サウンドトラック盤ラインナップ
Soundtrack lineup

早川優
Yu Hayakawa

ルのごとき皇めきを味わわ

新時代の『ゴジラ』サントラを目指したジャケは斬新!

The cover is innovative, aiming to be a Godzilla soundtrack for a new era!

音楽を担当した服部隆之氏の新進気鋭作曲家ならではのパワーが横溢し、スペースゴジラの両肩クリスタルのごとき煌めきを味わわせてくれる『ゴジラvsスペースゴジラ」スペースゴジラ」の音楽。映画の公開当時、そのサウンドトラックのサウンドトラック関連盤は、主題歌に起用されたデイト・オこされたデイト・オブ・バースが所属するレーベル、キティエンタープライズからリリースされた。そのライおリリースされた。そのラインナップは、前作までの伊福部昭音楽監督時期の商品展開に準ずる形で、1枚もの通常盤集ずる形で、1枚と2枚組の完全盤という布陣。音楽商品の発売順としては主題歌を収めた8㎝CDシングルが先陣を切ってお目見えしている。内容としては、サウンドトラック音楽のフルサイズ・フル仕様の楽曲を鑑賞面重視で収めたのが1枚もののレギュラー盤。「ゴジラ」映画史上でも数えるほどしかない主題歌という冠を戴いた「エコーズ・オブ・ラブ」もフル尺で収められている。一方の完全盤は、映画本編用にダビング用のMナンバーを付して準備された音楽を、順を追って収めるほか、エキストラ曲をボーナス・トラック扱いで収録、主題歌はムービー・エディットで聴かせる。ただし、伊福部昭作曲の流用曲や細かな素材曲はオミットされており、それらを完全に網羅した真のコンプリート・アルバムは、映画公開から1年を経て東宝ミュージックのボックスセット「ゴジラ・サウンドトラック・パーフェクト・コレクションBOX5」にて実現した。サウンドトラック盤の製作にあたっては、本作で本格的に音楽プロデューサーとして一本立ちした北原京子氏の意向が色濃く反映されている。楽曲の構成はもとより、曲名付けに関しても、音楽打ち合わせの時点で作成した発注メモに準じて命名。シングルCDの楽曲の趣向に寄せたサイケデリックなアートワークや、レギュラー盤の銀一色にゴジラの正面顔がド迫力で迫ってくるポップな仕様も、北原氏が旧知のデザイナー中村剛氏と、シリーズの色合いを一新した映画の方向性に合わせて、これまでの「ゴジラ」サントラの枠を打ち破るべく取り組んだ成果である。特に1枚ものサントラ盤ジャケットの思い切った意匠の実現は、富山省吾プロデューサーの理解と応援の賜物だったと北原氏は語っている。登場怪獣のスチールを大胆にあしらったブックレット内の頁デザインも北原氏の意向とのこと。完全盤も解説書を織り込みスタイルにするなどデザイン性に富むが、こちらはオーソドックスなものを心がけたという。2種類のサントラには初回封入特典として別タイプの3Dステッカーを封入。銀色の台紙にゴジラのビジュアルがスペイシーに浮き上がるもので、3Dステッカー製造を世界で唯一行っていたメキシコの会社に発注。ゴジラ好きの中村氏がお菓子のオマケのような楽しさを狙った発案だったとか。

The music for “Godzilla vs Space Godzilla” is overflowing with the power of Takayuki Hattori, an up-and-coming composer, and gives the soundtrack a sparkling, crystal-like feel. When the film was released, the soundtrack was released by Kitty Enterprises, the label to which Date of Birth, the theme song, belongs. The lineup was released in the same way as the previous film, when Akira Ifukube was the music director, and includes a single regular edition, as well as a one- and two-disc complete edition. The first music product to be released was an 8cm CD single containing the theme song. The content is a single regular edition that contains the full-sized, full-length songs from the soundtrack, with an emphasis on the listening aspect. The full-length version also includes “Echoes of Love,” which is one of only a few theme songs in the history of Godzilla films. On the other hand, the complete version includes the music prepared for the main film with M numbers for dubbing, in order, as well as extra songs as bonus tracks and the theme song in a movie edit. However, reused songs composed by Akira Ifukube and minor original songs have been omitted, and a truly complete album that includes all of them was released one year after the film’s release in the box set “Godzilla Soundtrack Perfect Collection BOX 5” by Toho Music. The production of the soundtrack strongly reflects the wishes of Kyoko Kitahara, who became a full-fledged music producer with this film. Not only the composition of the songs, but also the naming of the songs was based on the order memo created at the time of the music meeting. The psychedelic artwork, which matches the taste of the single CD songs, and the pop design of the regular edition, which features Godzilla’s powerful front face against a silver background, are the results of Kitahara’s efforts with his old friend, designer Tsuyoshi Nakamura, to break away from the conventional boundaries of Godzilla soundtracks, in line with the direction of the film, which has completely changed the color scheme of the series. Kitahara says that the bold design of the single soundtrack jacket in particular was the result of the understanding and support of producer Shogo Toyama. Kitahara also said that the page design inside the booklet, which boldly features stills of the monsters that appear, was Kitahara’s idea. The complete edition also has a rich design, with an explanatory booklet woven into it, but this one is more traditional. The two types of soundtracks come with a different type of 3D sticker as a first-time bonus. The visual of Godzilla stands out against the silver backing, and was ordered from a Mexican company, the only one in the world that manufactures 3D stickers. The idea was conceived by Nakamura, who is a Godzilla fan, and was aimed at creating a fun treat similar to the freebie that comes with candy.

本作以降、北原氏はさまざまなプロジェクトで内外新旧の映画音楽のリリースを行っていく。そんな熱いシーンの萌芽を『スペースゴジラ』サントラに見出すのも一興である。

Since this film, Kitahara has been releasing new and old film music from Japan and abroad in various projects. It is interesting to find the seeds of such a hot scene in the Space Godzilla soundtrack.

Captions

▲「オリジナル・サウンドトラック完全盤」。
2枚組。KTCR-1301/2。1995年1月25日発売。4500円税込

▲ “Complete Original Soundtrack”.
2-disc set. KTCR-1301/2. Released January 25, 1995. 4,500 yen including tax.

▲ 「オリジナル・サウンドトラック」。KTCR-1291。1994年12月10日発売。3000円税込

▲ “Original Soundtrack”. KTCR-1291. Released December 10, 1994. 3,000 yen including tax.

「ゴジラ・サウンドトラック・パーフェクト・コレクション BOX 5」。G-021-1/G-021,2。2008年1月3日発売。
10000円+税

“Godzilla Soundtrack Perfect Collection BOX 5”. G-021-1/G-021,2. Released January 3, 2008.
10,000 yen + tax

◀︎▼ サントラ通常盤とシングルCDのプロモーション用カセットテープ。サンプル盤の完成前にメディアに配布された。非売品

◀︎▼ Promotional cassette tape for the regular soundtrack and single CD. Distributed to media before the sample version was completed. Not for sale.

▲ 主題歌「エコース・オブ・ラブ」8cmシングルCD。KTDR-2121。1994年11月26日発売。1000円税込

▲ Theme song “Echoes of Love” 8cm single CD. KTDR-2121. Released on November 26, 1994. 1000 yen including tax.

ゴジラvsスペースゴジラコンプリーション, p 130