page-header

Godzilla Minus One Novel – Pt 16

11.29.2023

PP 165-174

P 165

震電はこまめに方向転換してジグザグに飛ぶことで、ゴジラのスピードと合わせながら、相模湾沖の海神艦隊に向かって、ゴジラを誘導して続けた。

By frequently changing direction and flying in a zigzag pattern, Shinden continued to guide Godzilla toward the Sea God Fleet off the coast of Sagami Bay, matching Godzilla’s speed.

雪風艦橋で堀田が次の指示を出した。

At Yukikaze Bridge, Hotta gave the following instructions.

「第一部隊、出してくれ。かねてからの予定通りで行く」

“First unit, please send out. We’ll go as planned for a while.”

部下達が予定通りと復唱する中、まずは第一ペア、夕風と欅が併走しながらゴジラにまっすぐ突っ込んでいった。

While his subordinates repeated that everything was on schedule, the first pair, Yuukaze and Keyaki, ran alongside and ran straight into Godzilla.

その方向にまっすぐ進んでいた震電は、二隻の間をすり抜けるように飛んで舞い上がった。

Shinden, which was heading straight in that direction, flew up and flew between the two ships.

泳いでいたゴジラが、まっすぐ自分に向かって突き進んでくる夕風と欅に気づいた。

Godzilla was swimming when he noticed Yuukaze and Keyaki rushing towards him.

その時、ゴジラの脳裏には高雄の砲撃が蘇った。

At that moment, the bombardment of Takao came back to Godzilla’s mind.

ゴジラの背びれが青く輝きながら、一つまた一つとせり上がり始めた。雪風の艦橋でそれを見ていた野田がつぶやいた。

Godzilla’s dorsal fins began to rise one by one while glowing blue. Noda, who was watching from the bridge of Yukikaze, muttered.

「いいぞ!」

“Good!”

P 166

背びれの光がゴジラの背中を頭まで駆け上がり、その口に青い光が集まり始めた。

The light from the dorsal fin ran up Godzilla’s back to his head, and blue light began to gather around its mouth.

その時、夕風の艦橋には不思議な光景が広がっていた。

At that time, a mysterious scene spread out on the bridge of the ship in the evening breeze.

人っ子一人いない艦橋の中央で、ロープによってがんじがらめに固定された舵がわずかに揺れていた。

In the center of the bridge, where no one was around, the rudder, which was tied tightly with ropes, was swaying slightly.

その先でゴジラが青い光をまとっている。

Ahead, Godzilla is covered in blue light.

そう、夕風と欅には今、一人の乗組員も乗っていないのだ。

That’s right, there isn’t even a single crew member onboard Yuukaze and Keyaki right now.

固定された舵によって、二隻はひたすらゴジラに向かって進んでいるのだった。

With fixed rudders, the two ships were moving towards Godzilla.

ゴジラの背びれがガシャリと縮まり、その口からは青白い一本の光が二隻に向かっように発射された。

Godzilla’s dorsal fin shrank, and a single bluish-white light shot out from its mouth toward the two ships.

銀座から吐き出されたあの熱線の再来だった。

It was the return of the heat rays that spewed out from Ginza.

二隻は一瞬で真っ白な火球へと変貌を遂げ、直後、大爆発がその一帯の海を瞬時に蒸発させた。

The two ships instantly transformed into pure white fireballs, and immediately after that, a huge explosion evaporated the entire sea in that area.

そこからの衝撃波は二隻の後方にいた雪風と響に襲いかかり、艦上に移乗していた夕風と欅の乗組員達は、危うく噴き飛ばされるところだった。

The shock wave from that hit Yukikaze and Hibiki who were at the rear of the two ships, and the crew members of Yukaze and Keyaki who were on board the ship were almost blown away.

P 167

皆、必死に艦上の構造物にしがみつき、その衝撃波をやり過ごした。

Everyone desperately clung to the ship’s structures and survived the shock wave.

続いて爆発によって起きた巨大な波が、雪風と響に襲来した。

Next, a huge wave caused by the explosion attacked Yukikaze and Hibiki.

艦首をまっすぐに爆発方向に向けることで、ゴジラによって起こされた津波といっていいその状況を、二隻はなんとか乗り越えた。

By pointing their bows straight in the direction of the explosion, the two ships managed to overcome the tsunami caused by Godzilla.

雪風艦橋では、皆声を失っていた。

Everyone on the Yukikaze Bridge had lost their voices.

銀座でゴジラの熱線を見た人間が、生きてここにいるはずがなかった。

There was no way the person who saw Godzilla’s heat rays in Ginza would be here alive.

わずかに野田と秋津だけが、高雄を葬った熱線を見たことがあるという状況だった。

Only Noda and Akitsu had ever seen the heat ray that destroyed Takao.

皆、ゴジラの熱線のあまりのすさまじさに、果けたような顔でただ前を見つめていた。

Everyone just stared in front of them, as if they were devastated by the intensity of Godzilla’s heat rays.

「これが・・・・・・ゴジラの熱線」

“This is…Godzilla’s heat rays”

堀田のつぶやきにようやく我に返った乗組員の一人が、半ば泣き叫ぶような声で叫んだ。

One of the crew members, who finally came to his senses after hearing Hotta’s murmurings, shouted in a voice that sounded like he was crying.

「想定の物を遙かに超えている。艦長!即刻全艦退避を進言します」

“This is far beyond what we expected. Captain! I recommend an immediate evacuation of all ships.”

P 168

野田がそれを力強く否定した。

Noda strongly denied this.

「いやこれで良いんだ。すぐに作戦を開始して下さい」

“No, this is fine. Please start the operation immediately.”

「しかし、いつまた熱線が!」

“But when will the heat rays come again?”

おびえ、声を震わす乗組員を無視して、野田は堀田艦長に怒鳴りつけるように言った。

Ignoring the frightened and trembling crew members, Noda yelled at Captain Hotta.

「お伝えしたとおり、あの熱線はすぐには第二弾を放てないんです。今です!腹ァ決めて下さいー」

“As I told you, we can’t release the second wave of that heat ray right away. It’s now! Make up your mind.”

その言葉に、ようやく気持ちを落ち着けた堀田が頷いた。

Hotta finally calmed down and nodded at those words.

「海神作戦を開始する」

“Start Operation Sea God”

ゴジラに向かう二隻の後部甲板から、次々と東洋バルーンの巨大ボンベが海上に投棄されていった。

Huge cylinders of Toyo balloons were dumped into the sea one after another from the rear decks of the two ships headed for Godzilla.

それらは二隻の間に張られたケーブルに繋がれていた。白い航跡を残して、十数本のボンベは二隻に引きずられる格好で海上を進んでいく。

They were connected to a cable strung between the two ships. Leaving a white wake behind, the dozen or so cylinders move along the sea as if being dragged by two ships.

そのまま二隻は、ゴジラの周りを大きく回り込むように進んだ。

The two ships proceeded to circle around Godzilla.

P 169

左右を駆逐艦に挟まれた格好になったゴジラは、まずは雪風に飛びかかろうと、上体を海上に起こしながら体の向きを変えた。

Sandwiched between destroyers on both sides, Godzilla first raised his upper body above the sea and changed the direction of his body, intending to pounce on the snowy winds.

そこをすかさず震電が30ミリ砲を連射しながらかすめていった。

He was quickly grazed by Shinden while firing a 30mm cannon.

今度はゴジラは震電に飛びかかるように体を伸ばした。

This time, Godzilla stretched out her body as if to pounce on Shinden.

ひらりとそれを震電がかわした。

Shinden dodged it with a flicker.

雪風艦上では震電がおとりになってくれていることに感謝しながら、クレーン伝いにケーブルを出し続けていた。

On board the Yukikaze, I continued to send out cables along her crane, grateful that Shinden was acting as a decoy.

大きく円状に展開したボンベとケーブルを、今度は閉じていかなくてはならない。

The cylinders and cables that have been spread out in a large circle must now be closed.

それを為すために、雪風の後部には特設クレーンが設置されていた。

In order to do this, a special crane was installed at the rear of Yukikaze.

クレーンで大きく持ち上げたケーブルの下を響に通過してもらうことで、ケーブルを交差させようという手はずだった。

The plan was to have Hibiki pass under the cables that had been lifted up by a crane so that the cables would cross.

堀田が冷静に操艦していた。

Hotta was calmly steering the ship.

艦上に搭載できるクレーンはそれほど大きくない。そこを通過してもらうには、響に舷側ギリギリを通ってもらう必要がある。

The crane that can be mounted on a ship is not that large. In order to pass through there, Hibiki would have to pass just around the side.

P 170

「響に通達、舵固定、取舵4度」

“Notify Hibiki, fix the rudder, steer at 4 degrees.”

響がぶつからんばかりの態勢で雪風に突っ込んできた。わずかなズレが起これば、二隻は正面衝突してしまう。

Hibiki rushed towards Yukikaze, almost hitting her. If there was a slight misalignment, the two ships would collide head-on.

響はこちらにまっすぐ突っ込んでくる。

Hibiki rushes straight towards me.

それはともすれば雪風に正面衝突しそうに見えたが、長年の勘がこれで正解なのだと堀田に告げていた。

It looked like they were going to collide head-on with Yukikaze, but Hotta’s intuition over many years told him that this was the correct decision.

「連動良し!」

“Good interlocking!”

「響接近、二〇メートル、一〇メートル、五メートル」

“Hibiki approach, 20 meters, 10 meters, 5 meters.”

堀田が叫んだ。

Hotta shouted.

「多少の損傷はかまわん。響そのまま!全艦衝撃に備えよ!」

“I don’t mind some damage. Just leave Hibiki alone! Prepare for a full-ship impact!”

雪風と響が艦体を擦るように交差した。その衝撃で艦内が激しく振動するなか、特設クレーンで持ち上げられたケーブルの下を、響がギリギリで通過していった。

Yukikaze and Hibiki intersected as if rubbing against the ship’s hull. As the ship’s interior vibrated violently due to the impact, Hibiki barely managed to pass under the cable lifted by a special crane.

「交差完了!」

“Crossing completed!”

甲板の作業員からの宣言と共に、ケーブルが見事に交差した。あとはケーブルでできた輪を縮めていって、ゴジラのボディに締め付けるように巻き付けるだけだ。

With a declaration from the deck workers, the cables crossed beautifully. All that’s left to do is shrink the loop made of cable and wrap it tightly around Godzilla’s body.

P 171

そのまま最大船速で二隻はケーブルの環を縮めていった。

The two ships continued to shorten the cable ring at maximum speed.

ブリッジからウイングに出てきた野田が状況を確認した。

Noda came out from the bridge to the wing and checked the situation.

「良し! 良ーし!」

“Good! Good!”

じわじわと輪が狭まっていく中、ゴジラがケーブルに気づいた。その意図するところはゴジラには理解できなかったが、それが何かやっかいなものであることは本能的に理解したようだった。

As the circle gradually narrowed, Godzilla noticed the cable. Godzilla didn’t understand what that meant, but he seemed to instinctively understand that it was something troublesome.

そして、一発目の熱線から充分な時間が経っていた。

And enough time had passed since the first heat ray.

ゴジラの背びれが、尾の先から次々と青く輝きながらせり出し始めた。

Godzilla’s dorsal fins began to protrude from the tip of his tail one after another, glowing blue.

「マズい」

“Bad”

野田がケーブルを見上げると、あとわずかで巻き付きが完了する状況にはなっていいた。

When Noda looked up at the cable, he saw that it was almost time for the cable to wrap around itself.

背びれの光はついに頭部にまで達し、ゴジラの口の周りには青い光が滞留し始めていた。

The light from Godzilla’s dorsal fin finally reached its head, and blue light began to accumulate around Godzilla’s mouth.

ひどく長く感じる一瞬がじりじりと過ぎていった。

A moment that felt extremely long passed slowly.

秋津はすでに雪風艦橋内に設置された発動スイッチに手をかけている。

Akitsu has already touched the activation switch installed inside the Yukikaze bridge.

P 172

ゴジラが大きく体を反らし、熱線発射態勢になった。

Godzilla arched his body and was ready to fire a heat ray.

その瞬間、特設クレーンのケーブルがピンと張った。

At that moment, the cable of the special crane became taut.

巻き付きが完了したのだ。

The wrapping is complete.

「長さん、スイッチ!」

“Cho-san, switch!”

野田の声に秋津が応えた。

Akitsu answered Noda’s voice.

「ていっ!」

“Tee!”

ゴジラの足下でボンベから垂れ下がった数発の6センチ砲弾が爆発し、巨大な空洞を作った。

Several 6cm cannonballs hanging from the cylinder exploded beneath Godzilla’s feet, creating a huge cavity.

ゴジラがその空間に落下する格好でガクンと落ちた。

Godzilla fell into that space with a thud.

体に巻き付いた十本のボンベの噴射口から、一斉にフロンガスの泡が噴出した。

Freon gas bubbles spewed out all at once from the nozzles of the ten cylinders wrapped around his body.

勢いづいたゴジラの体は、大量の泡で海水から隔絶され、浮力を失い、すさまじい勢いで深海に向かって滑り落ちるように沈んでいった。

Godzilla’s body gained momentum, was isolated from the seawater by a large amount of bubbles, lost its buoyancy, and sank with tremendous force, sliding toward the depths of the ocean.

状況を上空の震電から見下ろしていた敷島は、フロンボンベでゴジラを沈める作戦がこれ以上ない成功を収めたのを見た。

Shikishima, who was looking down on the situation from an electric shockwave in the sky, saw that the plan to sink Godzilla with a fluorocarbon cylinder had been an unparalleled success.

P 173

「やったか!」

“We did it!”

甲板の監視員による、深度の読み上げが続いていた。

Depth readings continued by the deck lifeguard.

「深度一二〇〇、一三〇〇、一四〇〇、一五〇〇!」

“Depth 1200, 1300, 1400, 1500!”

深度メーターが一気に目標深度を突破した。

The depth meter suddenly exceeded the target depth.

「目標深度到達!」

“Target depth reached!”

深海でフロンボンベが空になり、気泡の噴出が終わった。

The fluorocarbon cylinder was emptied in the deep sea, and the eruption of air bubbles had ceased.

その瞬間、一気に激しい水圧がゴジラの全身にくまなく襲いかかった。

At that moment, intense water pressure suddenly attacked Godzilla’s entire body.

強烈な水圧のために、体は締め付けられ、青く輝いていた背びれも、その光を失った。

The body was tightened due to the intense water pressure, and the dorsal fin, which had been shining blue, lost its light.

雪風の舷側では、乗組員達が固唾を呑んで事態を見守っていた。

On the side of the Yukikaze, the crew members were watching the situation with bated breath.

ケーブルは停止したままだった。

The cable remained stopped.

舷側に当たる波の音が、場違いなほどのどかに響いていた。

The sound of the waves hitting the side of the ship was so peaceful that it felt out of place.

P 174

甲板員の一人がウイングに出てきた野田、秋津、堀田に向かって宣言した。

One of the deckhands declared to Noda, Akitsu, and Hotta who had come out to the wing.

「ゴジラ・・・・・・沈黙しました!」

“Godzilla… has fallen silent!”

秋津が信じられないという顔でつぶやいた。

Akitsu muttered in disbelief.

「やったか?」

“Did we do it?”

直後、ケーブルがミシミシと音を立てながら左右に振れた。

Immediately after, the cable swung from side to side while making a crunching sound.

その力で雪風は大きく揺れ、乗組員達は必死でバランスを取らざるを得なくなった。

The force caused Yukikaze to shake violently, forcing the crew members to struggle to maintain their balance.

ゴジラはとてつもない高圧下でまだ生きている。

Godzilla is still alive under extremely high pressure.

「しぶてえ野郎だ!」

“You bastard!”

「そう簡単にはいきませんね。予備作戦に移行します」

“It won’t be that easy. We’ll move on to preliminary operations.”

野田が浮上装置のスイッチを押した。

Noda pressed the switch on the flotation device.

ボンベの上部に格納されていた爆圧式浮上装置がそれぞれ、美しい花が開くように展開した。

The explosive flotation devices stored at the top of the cylinder each unfolded like a beautiful flower.

長さ十メートルはあるゴムボートにも似たバルーンに、火薬の力を使って超高圧のガスが噴き込まれていった。

Ultra-high pressure gas was injected into the balloon, which was 10 meters long and resembled a rubber boat, using the power of gunpowder.