Birth of Tsuburaya Special Effects Director with “Godzilla Raids Again”

12.28.2022

1954~68 GODZILLA
「ゴジラは新しさへ挑戦する精神」
“Godzilla is a spirit that challenges newness”

有川貞昌
Sadamasa Arikawa

P 233

『ゴジラの逆襲』で円谷特技監督の誕生
Birth of Tsuburaya Special Effects Director with “Godzilla Raids Again”

◆ 広いステージが使えた!
We could use a large stage!

わさ『ゴジラ』がヒットして、続編をやるらしいよという噂は耳にしていましたけど、円谷さんから正式な話があったのは『ゴジラ』の公開から一、二か月後だったでしょうか。「有川君、ゴジラをまたやるからなあ」って、さりげなくいわれました。円谷さんはおとなしい方で感情をあまり口に出しませんけど、内心は喜んでいたはずですよ。わたしたちも心から良かったなあと思いました。続編を作るということは『ゴジラ』が成功した証でしょ、それと、職あかしが見つかったという安堵感。

I had heard rumors that “Godzilla” was a hit and that they were going to do a sequel, but it wasn’t until a month or two after the release of “Godzilla” that Mr. Tsuburaya officially talked about it. “Arikawa-kun, you’re going to do Godzilla again,” he casually said. Mr. Tsuburaya is a quiet person and doesn’t show his emotions much, but he must have been happy in his heart. We thought it was good from the bottom of our hearts. Making a sequel is proof that “Godzilla” was successful, and it’s a relief to have found a job.

P 234-5

『ゴジラ』の後、わたしたちは『透明人間』を撮っていましたけど、次は『ゴジラの逆襲』(一九五五)だと決まったときは、早くこの映画を終わらせたいと思ってしまいましたね。ほかの映画と意気込みがまるで違っていました。円谷さんは『ゴジラ』で「特殊技術」とクレジットされていましたけど、二作目の『ゴジラの逆襲』では「特技監督」になりますよね。わたしはうれしかったですよ、これで特撮もやっと日向に出られたんだと。撮影所の待遇もだいぶ良くなりましたし、裏方のスタッフも随分増えました。一番ありがたかったのは、広いステージが使えるようになったことです。「ああ、今度はこのでかいステージでできるんだなあ」「アオっても天井が入らないな」と。これでわたしたちは認められたんだなあ、という気分でした。円谷さん第1作のヒットで広いスタジオが使えるようになった(第2作「ゴジラの逆襲』ひなたは大きなステージを使えるようになると、このステージを二つに分けて使おうかと考えていたようです。わたしたちのように単純に喜んでばかりいなかったんですね。

After “Godzilla,” we were shooting “Invisible Man,” but when it was decided that “Godzilla Raids Again” (1955) was the next, I wanted to finish this movie as soon as possible. It was completely different from other movies. Mr. Tsuburaya was credited as a “special technique” in “Godzilla,” but in the second work “Godzilla Raids “Again he will be a “special technique director.” I was happy that special effects could finally come out in the sun. The treatment at the studio has improved considerably, and the number of behind-the-scenes staff has increased considerably. What I was most grateful for was being able to use a large stage. “Oh, this time we can do it on this huge stage” “Even if it’s blue, the ceiling won’t fit.” We felt like we were accepted.

『ゴジラの逆襲』では、会社全体がやろうという雰囲気になっていたみたいです。一作目がうまくいったというわたしたちの自信が、そう思わせたのかもしれませんけどね。わたしは胸を張ってステージに入りました。もう一作目のときのような、おどおどした不安感は全くありませんでした。

Mr. Tsuburaya’s first hit made it possible to use a large studio. They weren’t just happy like we were, and with ‘Godzilla Raids Again,’ the whole company seemed to be in the mood to do it. We’re confident that the first one went well. But maybe that’s what made you think so, I walked into the stage with my chest held high, without the timid anxiety I had in the first film.

Caption

第一作のヒットで広いスタジオが使えるようになった(第2作『ゴジラの逆襲』)

The hit of the first work made it possible to use a large studio (second work “Godzilla Raids Again”)

Source: ゴジラ•デイズ ゴジラ映画クロニクル 1954-1998, p 233-235