Widget Image

Mothra vs Godzilla (1964)

モスラ対ゴジラ (1964)

NR 89 min - Fantasy, Science Fiction, Action, Adventure - 29 April 1964
Your rating:

モスラ対ゴジラ (公開日:1964年04月29日): マッハ3の巨蛾か!ミサイル重戦車のゴジラか!空・海・陸を揺がす世紀の激斗。巨大台風の影響で、巨大な卵が日本の静ヶ浦に漂着。卵を調査した三浦博士や新聞記者の前に小美人が現れ、その巨大な卵はモスラの卵である事を明かす。時を同じくしてゴジラが出現し、四日市、名古屋を襲撃。さらにモスラの卵のある静ヶ浦に迫った時、卵の危機を救うため南海の秘島インファント島よりモスラが飛来し、2大怪獣の決戦の火蓋は切られる。しかし寿命のせまったモスラはゴジラの敵ではなく敢無く絶命。だが小美人が祈りの歌を歌う中、卵がかえり始めるのであった。The 4th film in the Godzilla franchise restores the serious tone of the original Godzilla film. A greedy developer has placed huge machines to suck dry a part of the ocean near Tokyo so he can build luxury condos. After a storm, a giant egg washes up on a nearby beach. The developer's plans go awry when he disrupts Godzilla's rest and the monster goes stomping through Tokyo. It's up to Mothra defend its egg and Japan from Godzilla. One of the most popular films in the original Godzilla series.

Director:  Ishirô Honda
Writers:  Shinichi Sekizawa
Stars:  Akira Takarada, Yuriko Hoshi, Hiroshi Koizumi, Yû Fujiki, Emi Ito, Yûmi Ito, Yoshifumi Tajima, Kenji Sahara, Jun Tazaki, Kenzô Tabu, Yutaka Sada, Akira Tani, Susumu Fujita, Ikio Sawamura, Ren Yamamoto, Yoshio Kosugi, Kôzô Nomura, Yasuhisa Tsutsumi, Shin Ôtomo, Senkichi Ômura, Miki Yashiro, Wataru Ômae, Kôji Uno, Yutaka Nakayama, Toshihiko Furuta, Hideo Shibuya, Tadashi Okabe, Seishirô Kuno, Katsumi Tezuka, Haruo Nakajima, Harold Conway

Photos

No images were imported for this movie.

Storyline

モスラ対ゴジラ (公開日:1964年04月29日): マッハ3の巨蛾か!ミサイル重戦車のゴジラか!空・海・陸を揺がす世紀の激斗。巨大台風の影響で、巨大な卵が日本の静ヶ浦に漂着。卵を調査した三浦博士や新聞記者の前に小美人が現れ、その巨大な卵はモスラの卵である事を明かす。時を同じくしてゴジラが出現し、四日市、名古屋を襲撃。さらにモスラの卵のある静ヶ浦に迫った時、卵の危機を救うため南海の秘島インファント島よりモスラが飛来し、2大怪獣の決戦の火蓋は切られる。しかし寿命のせまったモスラはゴジラの敵ではなく敢無く絶命。だが小美人が祈りの歌を歌う中、卵がかえり始めるのであった。The 4th film in the Godzilla franchise restores the serious tone of the original Godzilla film. A greedy developer has placed huge machines to suck dry a part of the ocean near Tokyo so he can build luxury condos. After a storm, a giant egg washes up on a nearby beach. The developer's plans go awry when he disrupts Godzilla's rest and the monster goes stomping through Tokyo. It's up to Mothra defend its egg and Japan from Godzilla. One of the most popular films in the original Godzilla series.


Collections: Godzilla, Ishirô Honda

Tagline: Nothing Like This Ever On the Screen!

Details

Official Website: 
Country:   Japan
Language:  Japanese
Release Date:  29 April 1964

Box Office

Company Credits

Production Companies:  Toho Company

Technical Specs

Runtime:  1 h 29 min

Story

巨大台風8号が日本を通過した翌日、毎朝新聞の記者である酒井と助手の純子は、高潮の被害を受けた倉田浜干拓地で鱗のような物体を見つける。一方、静之浦[注 2]の海岸には巨大な卵が漂着する。ハッピー興業社の熊山は漁民から卵を買い取り、静之浦の海岸に孵化施設を兼ねた「静之浦ハッピーセンター」の建設を始める。

三浦博士と酒井らは巨大な卵を調査するが、彼らの目の前に小美人が現れる。小美人によると、巨大な卵はインファント島に唯一残っていたモスラの卵で、卵を失った島の人々は悲しんでいるという。酒井たちは卵を返還するよう抗議活動を始めるが、熊山は応じないどころか、小美人まで売るように言い放つ始末。実は熊山の裏には大興業師・虎畑二郎がついており、抗議活動は頓挫してしまう。落胆した小美人はインファント島に帰ってしまう。

そんな折、酒井と純子は三浦に呼び出され、放射能除去を受ける。実は倉田浜で見つけた物体から、放射能が検出されたのだ。調査のために倉田浜へ駆け付けた酒井たちの目の前で、干拓地からゴジラが出現して四日市のコンビナート地帯と名古屋市を蹂躙する。酒井たちはインファント島に飛び、原住民たちにモスラを派遣するよう懇願するが、「悪魔の火」と呼ぶ核実験によって島を荒らされ、モスラの卵の返還をも拒まれた原住民たちと小美人は拒否する。しかし、酒井たちの説得を聞き入れたモスラは、寿命が近づく身を押して日本へ向かう。

ゴジラは自衛隊の高圧電流攻撃にもひるまず、トラブルから熊山を射殺してしまった虎畑が滞在するホテルを破壊し、虎畑もその際に逃げ遅れて命を落とす。ゴジラがモスラの卵がある静之浦に迫ったところへモスラが飛来し、最後の武器である毒鱗粉をも用いた戦いを繰り広げるが、寿命が残り僅かなモスラは卵をかばうように着地すると、絶命してしまう。

モスラに勝利したゴジラは付近の集落を破壊したうえ、小学校の教師と生徒が残された岩島に迫る。小美人が祈りの歌を歌う中、卵が孵化し始める。

孵化した双子の幼虫は岩島に向かい、ゴジラを糸で動きを封じ撃退、酒井達は無事教師と生徒を救出。酒井達はインファント島に帰っていくモスラと小美人を見送りながら人間不信のない社会を作ることを決意するのだった。

During a powerful typhoon, Mothra’s egg floats away from Infant Island to Japan. While a sleeping Godzilla is buried under tons of mud. Mothra’s egg is exploited for profit, despite the pleas of Mothra’s twin faires. Godzilla awakens and destroyes the city of Nagoya, killing those who plotted to exploit the egg. Mothra dies defending her egg against Godzilla. But her offspring – two Mothra caterpillars – wrap Godzilla in a silk cocoon, which causes him to fall into the sea.

台風のつぎの日、静之浦に巨大なたまごがうちあげられた。 新聞記者の酒井や三浦博士が、たまごをしらべようするが。 やってきた小美人が酒井たちに、たまごがモスラだという。 興業師は酒井たちの話をむしして、レジャーランドをつくった。 そんなころ、倉田浜の地下からとつぜんゴジラが出現した! 四日市から名古屋へと進撃するゴジラ。はかいをくりかえずぞ。 そこへモスラがやってきた!おどるくゴジラ。モスラは、ゴジラをたまごがらひきはなす。酒井たちはゴジラたいじをモスラにたのもうと小美人の島へいった。命がのこりすくないモスラだが、二人のねがいをきくことにした。静之浦にあらわれたゴジラがレジャーランドをはかいしはじめた。そこにすえつけられたモスラのたまごにゴジラがせまる。モスラは、ゴジラのしっぼをつかんで浜へまでひきずっていく。つぎはせつきん戦だ。ゴジラの顔を、目をすばやくこうげきするモスラ。いよいよさいごのこうげき。とくりんぶんをまき、つばさの強風でてきをくるしめる。たが、ゴジラの放射火炎をうけ、たまごの上で死んでしまう。ゴジラの進撃がまたはじめる。放電こうげきもききめがない。小美人が、新しいモスラのたんじょうをねがってうたう。とうぜん、たまごがわれた。二代めのモスラは、たんとふたごだ!岩島に上陸したゴジラをおってすすむ、二体のモスラ。気がついたゴジラが、ひと声ないてたちめかおうとするが。岩にかくれてこうげきをさけながら、ゴジラに糸をはきかけていく。糸がだんだん体をつつみ、ゴジラのこうぎがにぶくなる。ついにゴジラは、たたかえなくなって、海におちてしまった!

Cast & Characters

酒井市郎:宝田明
中西純子:星由里子
三浦俊助博士:小泉博
中村二郎:藤木悠
虎畑二郎:佐原健二
小美人:ザ・ピーナッツ(伊藤エミ、伊藤ユミ)
丸田デスク:田崎潤
熊山:田島義文
県会議員:田武謙三
老校長:佐田豊
静之浦の網元:谷晃
対策本部長:藤田進
神主:沢村いき雄
船着場の船員:山本廉
自衛隊員:野村浩三
船着場の警官:堤康久
自衛隊幹部:津田光男
警察幹部:大友伸
静之浦の漁師:大村千吉
インファント島長老:小杉義男
小林先生(岩島文教場の女性教師):八代美紀
静之浦の漁師:岩本弘司
浜風ホテルのウェイトレス:丘照美
ハッピー興行社社員:大前亘
静之浦の漁師:土屋詩朗、熊谷卓三、宇野晃司、中山豊
記者:古田俊彦、澁谷英男、宇留木耕嗣、越後憲三
ハッピー興業社社員:権藤幸彦、佐藤功一
静之浦の漁師:安芸津広
自衛隊員:岡部正、坂本晴哉、久野征四郎
ハッピー興業社社員:高木弘
警察幹部:山田圭介
ハッピー興業社社員:広田新二郎
漁師:砂川繁視
輸送機操縦員:川村郁夫
輸送機操縦補佐:緒方燐作
自衛隊通信士:鈴木治夫
岩島分教場の生徒たち:劇団・あすなろ
ゴジラ:手塚勝巳(補佐)、中島春雄

Staff

製作:田中友幸
脚本:関沢新一
音楽:伊福部昭
撮影:小泉一
美術監督:北猛夫
録音:矢野口文雄
照明:小島正七
編集:藤井良平
チーフ助監督:梶田興治
製作担当者:森本朴
スチール:土屋次郎
整音:下永尚
音響効果:西本定正
現像:東京現像所
監督:本多猪四郎

特殊技術
特技監督:円谷英二
撮影:有川貞昌、富岡素敬
美術:渡辺明
照明:岸田九一郎
火薬:山本久蔵
造形チーフ:利光貞三
繰演:中代文雄
チーフ助監督:中野昭慶
製作担当者:小池忠司
撮影助手:真野田陽一、唐沢登喜麿、山本武、鶴見孝夫、宮西武史、川北紘一、鳥海満、中尾成雄
編集:石井清子

特殊視覚効果
合成:向山宏
光学撮影:真野田幸雄、徳政義行
光学作画:飯塚定雄

Executive Producers: Sanezumi (a.k.a. Masumi)
Fujimoto, Tomoyuki Tanaka
Director: Ishiro Honda
Screenplay: Shinichi Sekizawa
Music: Akira Ifukube
Photography: Hajime Koizumi
Lighting: Shoshichi Kojima
Art Director: Takeo Kita
Film Editor: Ryohei Fuji
Sound Recording: Fumio Yanoguchi
Sound Effects: Teisho Nishimoto
Audio Technician: Hisashi Shimonaga
Production Coordinator: Boku Norimoto
Assistant Director: Koji Kajita
Associate Producer: Tadashi Koike
Film Developing: Tokyo Laboratories
Special Effects Director: Eiji Tsuburaya
Directors of Photography: Teisho Arikawa, Mototaka Tomioka
Optical Photography: Yukio Manoda, Yoshiyuki Tokumasa
Art Director: Akira Watanabe
Lighting: Kuichiro Kishida
Optical Processing: Hiroshi Mukaiyama
Assistant Director: Teruyoshi Nakano

Trailer

MyKaiju