Widget Image

King Kong vs Godzilla

キングコング対ゴジラ (1962)

NR 98 min - Adventure, Action, Science Fiction - 11 August 1962
Your rating:

King Kong vs Godzilla キングコング対ゴジラ (公開日:1962年08月11日): どちらが勝つか?日本中を暴れまわる2大怪獣!テレビ局員たちは、番組視聴率不振を打開するため、番組の目玉として、キングコングを求めファロ島へと向かう。紆余曲折の末コングの捕獲に成功するが、輸送中の洋上でキングコングは目を覚まし日本への上陸を許してしまう。時を同じく、北海の氷山から復活したゴジラも日本へ上陸。両怪獣は日本列島を縦断し中禅寺湖で激突!初戦はゴジラ優勢に終わるが、自衛隊の「100万ボルト作戦」により帯電体質を手に入れパワーアップしたキングコングの逆襲が始まる。After a 7 year hiatus, Godzilla returned to the screen to take on King Kong in the 3rd film in the Godzilla franchise. A pharmaceutical company captures King Kong and brings him to Japan, where he escapes from captivity and battles a recently revived Godzilla.

Director:  Ishirô Honda
Writers:  Shinichi Sekizawa
Stars:  Tadao Takashima, Kenji Sahara, Yû Fujiki, Ichirô Arishima, Jun Tazaki, Akihiko Hirata, Mie Hama, Akiko Wakabayashi, Akemi Negishi, Yoshio Kosugi, Yoshifumi Tajima, Ikio Sawamura, Someshô Matsumoto, Ko Mishima, Sachio Sakai, Tatsuo Matsumura, Senkichi Ômura, Senshô Matsumoto, Ren Yamamoto, Haruya Katô, Shin Ôtomo, Nadao Kirino, Yasuhisa Tsutsumi, Kenzô Tabu, Takuzô Kumagai, Hideo Shibuya, Douglas Fein, Harold Conway, Osman Yusuf, Shôichi Hirose, Haruo Nakajima, Katsumi Tezuka, Harry Holcombe, Michael Keith, James Yagi

Photos

No images were imported for this movie.

Storyline

King Kong vs Godzilla キングコング対ゴジラ (公開日:1962年08月11日): どちらが勝つか?日本中を暴れまわる2大怪獣!テレビ局員たちは、番組視聴率不振を打開するため、番組の目玉として、キングコングを求めファロ島へと向かう。紆余曲折の末コングの捕獲に成功するが、輸送中の洋上でキングコングは目を覚まし日本への上陸を許してしまう。時を同じく、北海の氷山から復活したゴジラも日本へ上陸。両怪獣は日本列島を縦断し中禅寺湖で激突!初戦はゴジラ優勢に終わるが、自衛隊の「100万ボルト作戦」により帯電体質を手に入れパワーアップしたキングコングの逆襲が始まる。After a 7 year hiatus, Godzilla returned to the screen to take on King Kong in the 3rd film in the Godzilla franchise. A pharmaceutical company captures King Kong and brings him to Japan, where he escapes from captivity and battles a recently revived Godzilla.


Collections: Ishirô Honda

Tagline: The motion picture screen beckons you to adventure that thrills the emotions with shock and terror!

Details

Official Website: 
Country:   Japan
Language:  Japanese
Release Date:  11 August 1962

Box Office

Company Credits

Production Companies:  Toho Company, RKO General Pictures

Technical Specs

Runtime:  1 h 38 min

Storyline

King Kong vs Godzilla (Released August 11, 1962): Which will win? Two giant monsters violently clash across Japan! Because program ratings were dropping, television agents went to Faro Island to purchase King Kong for special program. After twists and turns they successfully capture Kong, but King Kong while being transport across the sea awakens and is set free to go ashore in Japan. At the same time, Godzilla awakens from a North Sea iceberg and goes ashore in Japan. Both monsters clash at Lake Chūzenji along the Japanese archipelago. The first battle ends with Godzilla as superior. King Kong returns and beings a counterattack in which he absorbs more power than 1,000,000 volts of Japanese Self-Defense Force in his hands.

Mr. Tako, head of Pacific Pharmaceuticals, is frustrated with the television shows his company is sponsoring and wants something to boost his ratings. When a doctor tells Tako about a giant monster he discovered on the small Faro Island, Tako believes that it would be a brilliant idea to use the monster to gain publicity. Tako immediately sends two men, Sakurai and Kinsaburo, to find and bring back the monster from Faro Island.

Meanwhile, the American submarine Seahawk gets caught in an iceberg. Unfortunately, this is the same iceberg that Godzilla was trapped in by the Japanese Self-Defense Forces back in 1955, and the submarine is destroyed by the monster. As an American rescue helicopter circles the iceberg, Godzilla breaks out and heads towards a nearby Arctic military base, attacking it. The base itself is ineffective against Godzilla. He continues moving inland, razing the base to the ground, and sends the tank armory up in flames. Godzilla’s appearance is all over the press, making Tako furious.

On Faro Island, a giant octopus attacks the native village. The mysterious Faro monster is then revealed to be the giant gorilla, King Kong and he arrives and defeats the octopus. King Kong then drinks some red berry juice, becomes intoxicated, and then falls asleep. Sakurai and Kinsaburo place Kong on a large raft and begin to transport him back to Japan. Back at Pacific Pharmaceuticals, Tako is finally glad because Kong is now all over the press instead of Godzilla. Mr. Tako arrives on the ship transporting Kong, but a JSDF ship stops them and orders them to return Kong to Faro Island. Godzilla had just come ashore in Japan and destroyed a train, and the JSDF doesn’t want another monster entering Japan. Unfortunately, during all this, Kong wakes up from his drunken state and breaks free from the raft. Reaching the mainland, Kong meets up with Godzilla in a valley. Tako, Sakurai, and Kinsaburo have difficulty avoiding the JSDF to watch the fight. Eventually they find a spot. Kong throws some large rocks at Godzilla, but Godzilla shoots his atomic breath at Kong’s chest, forcing the giant ape to retreat.

The JSDF desperately tries everything to stop Godzilla from entering Tokyo. In a fielded area outside the city, they dig a large pit laden with explosives and lure Godzilla into it, but Godzilla is unharmed. They next string up a barrier of power lines around the city filled with a 1,000,000 volts of electricity (50,000 volts had been tried in the first film, but failed to turn the monster back). The electricity is too much for Godzilla, who then moves away from the city towards the Mt. Fuji area. Later at night, Kong approaches Tokyo. He tears through the power lines, feeding off the electricity which seems to make him stronger. Kong then attacks Tokyo and holds Fumiko, a woman from a train and Sakurai’s sister, in his hand. The JSDF explodes capsules full of the berry juice from Faro Island and knock out Kong, while Fumiko’s boyfriend Kazuo rescues her. The JSDF then decides to transport Kong via balloons to Godzilla, in hope that they will fight each other to their deaths.

The next morning, King Kong is dumbo-dropped onto the summit of Mt. Fuji from the balloon air-lift, meets up with Godzilla, and the two begin to fight. Godzilla has the advantage at first, eventually knocking Kong down with a vicious drop kick, and battering the gorilla unconscious with powerful tail attacks to his forehead. When Godzilla tries to kill Kong with his atomic breath, an electrical storm arrives and revives Kong, giving him the power of an electric grasp. The two begin to fight again, with the revitalized Kong swinging Godzilla around by his tail, shoving a tree into Godzilla’s mouth, and judo tossing him over his shoulder. The brawl between the two monsters continues all the way down to the coastline. Eventually the monsters tear through Atami Castle and both fall into the Pacific Ocean. After an underwater battle, only King Kong emerges from the water and begins to slowly swim back home to Faro Island. As Kong swims home, onlookers aren’t sure if Godzilla survived the fight, but speculate that it was possible.

Released on August 11, 1962, by the Toho Motion Picture Company. Toho Scope, in color. Running time: 98 minutes. US version released on June 26, 1963, by Universal-International Inc. Running time: 90 minutes.

テレビ番組の視聴率アップのよびものとする、「巨大なる魔神」をさがすために二人の教員がファロ島むかおうとしていた。

自社提供のテレビ番組「世界驚異シリーズ」の視聴率不振に頭を痛めるパシフィック製薬宣伝部長の多胡は、南太平洋メラネシアに位置するソロモン諸島の一つ・ファロ島に伝わる「巨大なる魔神」が目覚めたという噂を聞きつけ、これを聴取率アップの決定打にしようと企む。提携先のテレビ局員・桜井と古江はたった2人ながらも探検隊に仕立てられ、ファロ島へ行くことになる。乗り気でない桜井だったが、時を同じくして妹のふみ子のフィアンセ・藤田は、新開発の特殊繊維のテストをするためしばらく日本を離れるという。

一方、北極海では海水の温度上昇が始まり、調査のために原潜シーホーク号が国連派遣の科学者を乗せて現地へ向かう。彼らはそこで光る氷山を発見するが、実はそれこそが前作にて氷に埋められ行方不明となっていたゴジラが眠る氷塊だった。復活したゴジラは原潜を沈め、某国基地を破壊した後なおも移動を続ける。生物学の権威・重沢博士は、ゴジラは帰巣本能から日本へ戻ってくると予測し、国内ではゴジラの話題で持ち切りになる。そのおかげで「巨大なる魔神」の影が薄くなり、多胡にとってゴジラはいら立ちの種にしかならないのだった。

ファロ島に上陸した桜井と古江は、島民たちの間に根強い魔神信仰があり、かつ「巨大なる魔神」が本当に実在することを知る。その日の夜、海から巨大なタコが現れ島は大混乱となるが、そこへ山奥から巨大なる魔神=キングコングが出現し、大ダコを追い払う。コングは島民が用意した赤い汁を飲み干し、島民達が捧げる祈りの歌を聴くとたちまち深い眠りに就いてしまった。桜井はコングを日本へ連れて帰ろうと発案し、これが日本で一大旋風を巻き起こす。ホクホク顔の多胡部長だが、彼は次なる宣伝のアイデアを思い付く。「キングコングとゴジラ、どちらが強いか?」

その頃、藤田を乗せた貨物船が北海道沖でゴジラの潜航波により沈没するという事件が発生し、慌てたふみ子はすぐさま現地へ向かう。だが藤田は一足先に根室港で下船したため命拾いしていた。折しもゴジラは松島湾から上陸し本土を南下している途上で、ふみ子を乗せた特急も運転を中止してしまう。逃げ惑う人々の中で1人はぐれてしまったふみ子を救ったのは、事情を知って追ってきた藤田だった。

自衛隊によってゴジラ対策が急がれる一方、洋上ではコングが眠りから覚めてしまい、本土へ向けて北上を開始。千葉沖から上陸したコングは、あたかも本能に導かれるように南下するゴジラを目指して進み出す。そしてついに中禅寺湖で初対決する両者だが、緒戦はゴジラの放射能火炎に分があり、悠々と構えるゴジラを前に対抗できないコングは引き下がるを得なかった。

しかし自衛隊による「100万ボルト作戦」のために急ぎ築かれた首都圏防衛用の高圧線が闘いの行方を思わぬ方向へ導く。これにより電流を苦手とするゴジラの首都圏侵攻は食い止めたものの、キングコングは高圧線に触れたことで、ゴジラへの強力な対抗手段である帯電体質を得たのだ。東京へ侵入したキングコングは電車を掴み上げて女性を1人手にするが、それは避難の最中にまたも藤田とはぐれてしまったふみ子だった。美女にご満悦のコングは警戒網が張られた都内を進行し、ふみ子を手にしたまま国会議事堂へとよじ登る。うかつに攻撃も出来ない自衛隊だが、駆け付けた桜井はファロ島の音楽と多胡部長が会社で合成させていた赤い汁を装填した麻酔弾を使い、コングを眠らせる作戦を思い立つ。コングは再び眠りに就き、ふみ子も無事救出される。

そしてコングは藤田の開発した特殊繊維を使い、富士山麓へ運搬されることが決まる。そこには都心を回避して移動していたゴジラの姿があった。再び合いまみえた両雄は、激しい戦いを繰り広げる。ゴジラの熱線とコングの放電がぶつかり合い、両者は海へ落下。キングコングは浮上しファロ島に帰っていくが、ゴジラは姿を見せることはなかった。

The advertising director for a major pharmaceuticals corporation kidnaps King Kong from his home on Faro Island. He hopes of using Kong as the company’s mascot, but Kong escapes in Japan. Godzilla arises from an iceberg and begins destroying Japan. The military attempts to pit them in a battle at the base of Mount Fuji. After a furious battle, both Kong and Godzilla fall into the sea.

ファロ島へたびだつ桜井と古江の2人だったが。ひかる氷山の中から、ゴジラが出現した。ベーリング海にある。ある国の軍事基地をはかいする。そのころ、ファロ島ではキングコングがあらわれる。日本近海へつれてこられたゴングが、にげだした。ゴジラは、日本の東化地方へ上陸して南へとあるく。ゴングも日本に上陸した。那須高原でであったゴングをこうげきするゴジラ。放射火炎をうけて、ひきあげていくゴング。ゴングは、東京でさわぎをこうしてが、とくしゅなすきいでねむらされた。自衛隊は、ねむっているゴングをゴジラのいるところにはこび、げきとつさせることにした。富士山のちかくでコングのもうパワーがばくはつだ!コングは、いなずまの電気を体にためて電撃こうげきができるんだ。ゴジラの体をかるくなげとばす。戦場は、どんどんいどうしていく。熱海城までやってきた2大怪獣。城をあいだにさんでたたかいをつづげる。たたかいはいつまてつづくのか?いきおいあまって、からみあって海へおちてしまった。このたたかいは、ひきわけだ。

Cast & Characters

桜井修:高島忠夫
藤田一雄:佐原健二
古江金三郎:藤木悠
多胡部長:有島一郎
東部方面隊総監:田崎潤
重沢博士:平田昭彦
桜井ふみ子[8]:浜美枝
たみ江:若林映子
チキロの母:根岸明美
ファロ島酋長:小杉義男
山本勇吉(第二新盛丸船長):田島義文
ファロ島祈祷師:沢村いき雄
大貫博士:松本染升
海上自衛隊幹部:三島耕
大林:堺左千夫
牧岡博士:松村達雄
通訳コンノ:大村千吉
自衛隊爆破責任者:山本廉
パシフィック製薬宣伝部員:加藤春哉
大安丸船長:大友伸
東部軍陸上第二部長:桐野洋雄
東部軍陸上第一部長:堤康久
第二新盛丸通信員:中山豊
警戒中の警官:古田俊彦
新聞記者:草川直也
陸上自衛隊幹部:津田光男
疎開する団地の住人:東郷晴子
世界驚異シリーズ解説者:田武謙三
警察幹部:熊谷二良
避難の男:土屋詩朗
松戸の野次馬:小川安三、鈴木和夫
新聞記者:三井紳平、橘正晃
東部軍施設課長:坂本晴哉
急行つがるの乗客:峯丘ひろみ
チキロ(ファロ島の少年):平野治男
パシフィック製薬計算機係:丘照美
パシフィック製薬宣伝部員:千葉一郎
パシフィック製薬計算機係:紅美恵子
シーホーク号船長:ダグラス・フェーン
シーホーク号調査団員:ハロルド・コンウェイ、オスマン・ユセフ
キングコング:広瀬正一
ゴジラ/監視台のファロ島民[2役]:中島春雄
ゴジラ(補佐):手塚勝巳
※映画クレジット順
※以下海外版出演者
ジョンソン博士:ハリー・ホルカム
ナレーター:レス・トレメイン

Staff

製作:田中友幸
脚本:関沢新一
音楽:伊福部昭
撮影:小泉一
美術監督:北猛夫
美術:安倍輝明
録音:藤好昌生
照明:高島利雄
編集:兼子玲子
チーフ助監督:梶田興治
製作担当者:中村茂
監督助手:橋本幸治、渡辺邦彦、谷清次
スチル:田中一清
振付:青木賢二
整音:下永尚
音響効果:西本定正
現像:東京現像所
監督:本多猪四郎

特殊技術
特技監督:円谷英二
撮影:有川貞昌、富岡素敬
特殊美術:渡辺明
照明:岸田九一郎
火薬:山本久蔵
造形チーフ:利光貞三
繰演:中代文雄
チーフ監督:浅井正勝
製作担当者:成田貴
監督助手:中野昭慶
撮影助手:真野田陽一、唐沢登喜麿、山本武、鶴見孝夫、向井賢哉、宮西武史、川北紘一
美術助手:井上泰幸
編集:石井清子
模型制作:倉方茂雄 ※クレジット表記なし

特殊視覚効果
合成監督:向山宏
合成撮影:三瓶一信
光学撮影:真野田幸雄、徳政義行
光学作画:幸隆生、飯塚定雄

海外版
演出:トム・モンゴメリー

Producer: Tomoyuki Tanaka
Director: Ishiro Honda
Screenplay: Shinichi Sekizawa
Music: Akira Ifukube
Director of Photography: Hajime Koizumi
Lighting: Toshio Takashima
Art Directors: Takeo Kita, Terukai Abe
Editor: Reiko Kaneko
Sound Recordings: Masao Fujiyoshi
Special Sound Effects: Sadatada Nishimoto
Audio Technician: Hishashi Shimonaga
Choreographer: Kenji Aoki
Production Coordinator: Shigeru Nakamura
Assistant Director: Koji Kajita
Film Developing: Tokyo Laboratories
Special Effects Director: Eiji Tsuburaya
Directors of Photography: Teisho Arikawa,
Mototaka Tomika
Optical Photography: Takao Yuki, Yukio Manoda
Art Director: Akira Watanabe
Lighting: Kuichiro Kishida
Optiocal Processing: Hiroshi Mukaiyama
Production Coordinator: Kan Narita

Trailer

MyKaiju