Widget Image

Godzilla vs. Destoroyah (1995)

ゴジラvsデストロイア (1995)

NR 103 min - Action, Adventure, Horror, Science Fiction - 9 December 1995
Your rating:

The aftermath of the Oxygen Destroyer brings forth Destoroyah, a beast intent on killing Godzilla, who is on the verge of a nuclear meltdown. ゴジラVSデストロイア (公開日:1995年12月09日) ゴジラ死す。赤く燃え盛る姿で香港に上陸したゴジラは、赤い熱線を吐き香港市街を蹂躙。その赤い姿はいつ核爆発を起こしてもおかしくない状態を示唆していた。一方、東京湾岸近辺に怪物が出現。その正体はかつてゴジラを葬った際に使用したオキシジェン・デストロイヤーの影響で異常進化を遂げた恐るべき生物デストロイアであった。ゴジラのメルト による地球崩壊を阻止すべく、デストロイアを利用したゴジラ 撃滅作戦が切って落とされる!Godzilla vs Destroyah: Godzilla dies. Godzilla burning bright red comes ashore in Hong Hong trampling and setting ablaze its streets with his red atomic breath. His red appearance is a serious situation and may cause a nuclear explosion. On one hand, a monster appears in Tokyo Bay. The dreadful creature Destroyah evolves under the influence of the Oxygen Destroyah once used to destroy Godzilla. In order to prevent global collapse as a Godzilla's meltdown, the military strategy to destroy Godzilla using Destroyah is dropped. (Released December 9, 1995) Godzilla vs. Destoroyah (ゴジラvsデストロイア Gojira tai Desutoroia?), was a 1995 Japanese science fiction kaiju film produced by Toho Co., Ltd. Directed by Takao Okawara, with special effects by Koichi Kawakita, the film starred Takuro Tatsumi, Yasufumi Hayashi, and Megumi Odaka. The film also featured a cameo by Momoko Kōchi, reprising her role from the original Godzilla (1954). This 22nd installment in the Godzilla franchise was the final film in the Heisei, or second, series of films. The film received publicity around the world for Toho's announcement that they would kill Godzilla. Toho ended the series to make way for an American Godzilla film, which was ultimately produced in 1998. He would begin a new series of Godzilla films in 1999 with the film Godzilla 2000, which began the Millennium series. 香港に出現した赤色に発光するゴジラは、体内の核反応が激化して暴走を始めた姿だった。Gサミットは対策に苦慮するが、東京湾の海底では怪生物が誕生していた…。22作にわたるゴジラ映画に終止符を打ち、不死身の怪獣王ゴジラの最期を描いた、平成VSシリーズの完結編。ゴジラと新怪獣デストロイアの激闘は、ゴジラ最期の対決に相応しいもので、クライマックスのメルトダウンで地上から消滅するゴジラの姿は、涙無くしては観られない感動の名シーン。

Director:  Takao Okawara
Stars:  Takuro Tatsumi, Yôko Ishino, Yasufumi Hayashi, Megumi Odaka, Sayaka Osawa, Saburo Shinoda, Akira Nakao, Ryo Hariya, Kenpachiro Satsuma, Akihiko Hirata, Momoko Kôchi

Photos

No images were imported for this movie.

Storyline

The aftermath of the Oxygen Destroyer brings forth Destoroyah, a beast intent on killing Godzilla, who is on the verge of a nuclear meltdown. ゴジラVSデストロイア (公開日:1995年12月09日) ゴジラ死す。赤く燃え盛る姿で香港に上陸したゴジラは、赤い熱線を吐き香港市街を蹂躙。その赤い姿はいつ核爆発を起こしてもおかしくない状態を示唆していた。一方、東京湾岸近辺に怪物が出現。その正体はかつてゴジラを葬った際に使用したオキシジェン・デストロイヤーの影響で異常進化を遂げた恐るべき生物デストロイアであった。ゴジラのメルト による地球崩壊を阻止すべく、デストロイアを利用したゴジラ 撃滅作戦が切って落とされる!Godzilla vs Destroyah: Godzilla dies. Godzilla burning bright red comes ashore in Hong Hong trampling and setting ablaze its streets with his red atomic breath. His red appearance is a serious situation and may cause a nuclear explosion. On one hand, a monster appears in Tokyo Bay. The dreadful creature Destroyah evolves under the influence of the Oxygen Destroyah once used to destroy Godzilla. In order to prevent global collapse as a Godzilla's meltdown, the military strategy to destroy Godzilla using Destroyah is dropped. (Released December 9, 1995) Godzilla vs. Destoroyah (ゴジラvsデストロイア Gojira tai Desutoroia?), was a 1995 Japanese science fiction kaiju film produced by Toho Co., Ltd. Directed by Takao Okawara, with special effects by Koichi Kawakita, the film starred Takuro Tatsumi, Yasufumi Hayashi, and Megumi Odaka. The film also featured a cameo by Momoko Kōchi, reprising her role from the original Godzilla (1954). This 22nd installment in the Godzilla franchise was the final film in the Heisei, or second, series of films. The film received publicity around the world for Toho's announcement that they would kill Godzilla. Toho ended the series to make way for an American Godzilla film, which was ultimately produced in 1998. He would begin a new series of Godzilla films in 1999 with the film Godzilla 2000, which began the Millennium series. 香港に出現した赤色に発光するゴジラは、体内の核反応が激化して暴走を始めた姿だった。Gサミットは対策に苦慮するが、東京湾の海底では怪生物が誕生していた…。22作にわたるゴジラ映画に終止符を打ち、不死身の怪獣王ゴジラの最期を描いた、平成VSシリーズの完結編。ゴジラと新怪獣デストロイアの激闘は、ゴジラ最期の対決に相応しいもので、クライマックスのメルトダウンで地上から消滅するゴジラの姿は、涙無くしては観られない感動の名シーン。


Collections: Godzilla, Takao Okawara

Tagline: Get Ready for a Three-Way Monster Melee!

Details

Official Website: 
Country:   Japan
Language:  Japanese
Release Date:  9 December 1995

Box Office

Company Credits

Production Companies:  Toho Pictures, Inc.

Technical Specs

Runtime:  1 h 43 min

Story

Godzilla appears in Hong Kong, glowing red on the verge of a nuclear meltdown. He is a ticking time bomb that threatens to destroy the entire planet. In Japan, a new species is found as experiments are conducted to recover the power of the Oxygen Destroyer used to defeat the first Godzilla. Destroyah emerges. A new Super X-III is deployed to cool down Godzilla. Baby Godzilla has become Godzilla Junior. He is drawn into battle with Destroyah but is killed to be later resuscitated by Godzilla. Infuriated Godzilla seeks revenge and to destroy Destroyah. Although he is successful, Godzilla cannot avoid a nuclear chain reaction in his body. Godzilla melts down and dies! But there is hope. In the distance, Junior absorbs his radiation and appears in the rising smoke as a full grown Godzilla.

Cast & Characters

伊集院研作:辰巳琢郎
山根ゆかり:石野陽子
山根健吉:林泰文
三枝未希:小高恵美
小沢芽留:大沢さやか
速見惣一郎:村田雄浩
南条:斉藤暁
上田:平泉成
岡崎:藤巻潤
村田:小野武彦
田山孝夫:上田耕一
中村:二瓶鮫一
野村:荻原賢三
スーパーXIIIパイロット:青島健介
スーパーXIIIナビゲーター:川崎博司
JSBテレビのAD:脇浜紀子
マービン:ロナルド・ヘアー
メーサータンク隊員:石川実
Gフォース司令室要員:鳥木元博、桜井勝、細野哲弘
Gフォース通信士:安食剛
ペンダゴン所員:シェリー・スウェニー
国家公安委員:小寺大介
警察責任者:菅野達也
路上の警官:江連健司
警官:佐藤太三夫
しながわ水族館職員:木下徳和
特殊部隊隊員:森岡隆見、清水進一、高市好幸、遠藤晃生、鎌田栄治、小田島隆、増島剛之、辻井啓嗣、中村美睦、小林靖永、中川弘、石川秀昭、藤田亮、木下隆康、吾妻丈、河合伸之、狩野宗城、梶田圭介、中川雄介、越智賢治
臨時司令部隊員:二反田雅澄
台場の海底トンネル現場主任:菅原大吉
台場の海底トンネル班長:中沢青六
レポーター:三井三太郎、植村なおみ
KA1079便操縦士:ジョン・ギャロック
KA1079便副操縦士:方洛奇
啓徳国際空港管制官:張紹興
放射能科学者:岡田和子
科学技術庁原子力局長:秋元榮治郎
防衛局長:坂井義雄
防衛庁警察官:名倉得二
国土庁防災局長:笠原鉄郎
環境大気保全局長:井上千恵子
伊集院研究室助手:村上順子、結城豊弘
地球環境学者:ヒサクニヒコ
黒木翔:高嶋政宏
山根恵美子:河内桃子
麻生孝昭:中尾彬
後藤:神山繁
国友満:篠田三郎

Staff

製作 – 田中友幸、富山省吾
脚本 – 大森一樹
音楽監督 – 伊福部昭
撮影 – 関口芳則
美術 – 鈴木儀雄
録音 – 宮内一男
効果 – 佐々木英世(東洋音響)
照明 – 望月英樹
編集 – 長田千鶴子
助監督 – 三好邦夫
技斗 – 宇仁貫三
製作担当者 – 前田光治
アソシエイトプロデューサー – 鈴木律子

特殊技術
撮影 – 江口憲一、大根田俊光
美術 – 大澤哲三
照明 – 斉藤薫
特殊効果 – 渡辺忠昭
造型 – 小林知己、若狭新一
操演 – 三橋和夫
助監督 – 鈴木健二
製作担当者 – 篠田啓助、小島太郎
ゴジラ – 薩摩剣八郎
デストロイアII – 播谷亮
デストロイア – 柳田英一
ゴジラジュニア – 破李拳竜

協力 – 防衛庁、東京都港湾局、東海大学情報技術センター
協賛 – アップルコンピュータ、エースヘリコプター、カテナ、タビックスジャパン、SONY
制作協力 – 東宝映像美術、東宝サウンドスタジオ、東宝ミュージック、東京現像所、東宝スタジオ
特技監督 – 川北紘一
監督 – 大河原孝夫
東宝映画作品
配給 – 東宝

Executive Producer: Tomoyuki Tanaka
Producer: Shogo Tomiyama
Director: Takao Okawara
Screenplay: Kazuki Omori
Music: Akira Ifukube
Special Effects Director: Koichi Kawakita
SFX Photography: Kenichi Eguchi

Trailer

MyKaiju