Widget Image

Godzilla, Ebirah, Mothra: Big Duel in the South Seas (1966)

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966)

PG 87 min - Fantasy, Action, Science Fiction, Foreign - 17 December 1966
Your rating:

The 7th film in the Godzilla series. After being caught in a storm in the south seas, several teenagers and thief arrive on an island where natives have been enslaved by a terrorist organization. They also discover a sleeping Godzilla and decide to wake him up to aid in their plan to free the natives. Godzilla vs The Sea Monster (ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (公開日:1966年12月17日): 凶悪新怪獣エビラ!陸・海・空に展開する三大怪獣世紀の対決!行方不明の兄を探す少年、大学生2人、銀行強盗ら4人が乗りあわせたヨットが、エビラの襲撃を受けて遭難。南海の孤島レッチ島に漂着する。彼らはそこで、インファント島の住人を拉致し、核弾頭を秘密裏に造る秘密結社・赤イ竹の存在を知る。彼らはレッチ島に眠っていたゴジラを覚醒させて、インファント島の島民たちの救出と、島からの脱出を画策するが。。。(Godzilla.jp) Godzilla • Ebirah • Mothra, The Battle of the South Sea (Released December 17, 1966): The fiendish new monster Ebirah! Three giant monsters of the century battle on land, sea, and sky. (Released December 17, 1966) A young man searching for his missing brother along with two college students along with a bank robber making four aboard a yacht are shipwrecked after an attack by Ebirah. They drift ashore Lechi Island in the south sea. There they find that the natives of Infant Island are captive and a secret organization, known as Red Bamboo, has secretly produced a nuclear bomb. They wake up Godzilla who had been asleep on the island and they devise a plan to escape and to rescue the people of Infant island. Japanese Version: Released December 16, 1966 by the Toho Motion Picture Company. Toho Scope, in color. Running Time: 87 minutes. US Version: Distributed to television stations in 1967 by the Walter Reade Organization. No US theatrical release. Running Time: 82 minutes. 太平洋を航行中のヨットが、嵐に襲われ遭難。漂着したレッチ島は、秘密結社「赤い竹」の基地だった。やがて洞窟から目覚めたゴジラと、エビラの対決が始まった…。 アクション演出の得意な福田純監督が、初めてゴジラシリーズを手掛け、南海の孤島を舞台にした、軽いタッチの若者たちの冒険活劇となった。新怪獣エビラとゴジラの対決は、ゴジラ映画初の水中撮影で行われ、エビラの恐怖感は、寄りを多用した、大胆なカメラ・ワークによって演出されている。

Director:  Jun Fukuda
Stars:  Akira Takarada, Kumi Mizuno, Chôtarô Tôgin, Hideo Sunazuka, Tôru Watanabe, Tôru Ibuki, Akihiko Hirata, Jun Tazaki, Ikio Sawamura, Yuko Bambi, Yoko Bambi, Hideyo Amamoto, Hisaya Itô, Tadashi Okabe, Kazuo Suzuki, Shôichi Hirose, Chieko Nakakita, Noriko Honma, Yutaka Sada, Wataru Ômae, Ken'ichirô Maruyama, Shigeki Ishida, Hideo Shibuya, Haruo Nakajima, Yû Sekita, Yû Sekita

Photos

No images were imported for this movie.

Storyline

The 7th film in the Godzilla series. After being caught in a storm in the south seas, several teenagers and thief arrive on an island where natives have been enslaved by a terrorist organization. They also discover a sleeping Godzilla and decide to wake him up to aid in their plan to free the natives. Godzilla vs The Sea Monster (ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (公開日:1966年12月17日): 凶悪新怪獣エビラ!陸・海・空に展開する三大怪獣世紀の対決!行方不明の兄を探す少年、大学生2人、銀行強盗ら4人が乗りあわせたヨットが、エビラの襲撃を受けて遭難。南海の孤島レッチ島に漂着する。彼らはそこで、インファント島の住人を拉致し、核弾頭を秘密裏に造る秘密結社・赤イ竹の存在を知る。彼らはレッチ島に眠っていたゴジラを覚醒させて、インファント島の島民たちの救出と、島からの脱出を画策するが。。。(Godzilla.jp) Godzilla • Ebirah • Mothra, The Battle of the South Sea (Released December 17, 1966): The fiendish new monster Ebirah! Three giant monsters of the century battle on land, sea, and sky. (Released December 17, 1966) A young man searching for his missing brother along with two college students along with a bank robber making four aboard a yacht are shipwrecked after an attack by Ebirah. They drift ashore Lechi Island in the south sea. There they find that the natives of Infant Island are captive and a secret organization, known as Red Bamboo, has secretly produced a nuclear bomb. They wake up Godzilla who had been asleep on the island and they devise a plan to escape and to rescue the people of Infant island. Japanese Version: Released December 16, 1966 by the Toho Motion Picture Company. Toho Scope, in color. Running Time: 87 minutes. US Version: Distributed to television stations in 1967 by the Walter Reade Organization. No US theatrical release. Running Time: 82 minutes. 太平洋を航行中のヨットが、嵐に襲われ遭難。漂着したレッチ島は、秘密結社「赤い竹」の基地だった。やがて洞窟から目覚めたゴジラと、エビラの対決が始まった…。 アクション演出の得意な福田純監督が、初めてゴジラシリーズを手掛け、南海の孤島を舞台にした、軽いタッチの若者たちの冒険活劇となった。新怪獣エビラとゴジラの対決は、ゴジラ映画初の水中撮影で行われ、エビラの恐怖感は、寄りを多用した、大胆なカメラ・ワークによって演出されている。


Collections: Godzilla, Jun Fukuda

Details

Official Website: 
Country:   Japan
Language:  Japanese
Release Date:  17 December 1966

Box Office

Company Credits

Production Companies:  Toho

Technical Specs

Runtime:  1 h 27 min

Story

青年・良太は、南洋でマグロ漁船ごと行方不明になった兄の漁師、彌太が生きているとの恐山のイタコの託宣を信じ、マスコミを頼ってひとり上京してきた。新聞社で、賞品にヨットのプレゼントが懸かった「耐久ラリーダンス大会」を知り、会場を訪れた良太は、途中ギブアップした出場者の大学生・仁田、市野と知り合う。その晩、市野の車で葉山海岸に向かった一同は、港にあった太平洋横断用のヨット「ヤーレン号」に無断で泊まり込むが、そこに訳あり風の男、吉村がオーナー顔でいた。翌朝目が覚めた一同は、良太の手でヤーレン号が港を離れ、はるか海上にあることを知り、さらに吉村の金庫破りを報じるラジオニュースを聞いて驚く。こうして良太の兄探しに同行する羽目となった吉村らだが、突如ヨットを襲った暴風雨の中で巨大なハサミに襲われて遭難、南海の孤島レッチ島に流れ着く。 島に上陸した一同だが、この島は秘密結社「赤イ竹」の工場となっており、核兵器の製造が行われていた。良太らの見守る中、黄色い液体を海にまきながら、島の波止場に赤イ竹の輸送定期船が入港してくる。そのとき、小舟を奪った脱走奴隷が海へ出たが、たちまち現れた巨大なエビの怪獣「エビラ」の餌食になってしまう。ヤーレン号を転覆させたのは、エビラの巨大なハサミだったのだ。定期連絡船の撒いていた黄色い液は木の実の汁で、エビラの苦手とするものだった。赤イ竹は巨大蛾モスラの住むインファント島の住民を強制連行して労働を強い、この黄色い汁の製造に従事させていたのである。 島からの脱出案を練る吉村らは、脱走して来たインファント島の娘・ダヨと知り合う。ダヨは彌太がインファント島にいると良太に教え、行動を共にするようになる。彼らは、偶然島の谷底に眠っていたゴジラを発見。避雷針を急ごしらえし、落雷による電気ショックを与えて復活させる。目を覚ましたゴジラは本能的にエビラと戦うが、決着はつかなかった。ゴジラは島で暴れ始め、大コンドルや赤イ竹の戦闘機隊と一戦を交えながら[注 6]、赤イ竹の重水工場へ向かって来る。吉村は得意の錠前破りで基地に潜入、一方赤イ竹に捕まり、インファント島民と同じ洞窟へ監禁された仁田は彼らに呼び掛けて、偽の黄色い汁を作らせる。

やがて防衛線を突破したゴジラは施設を破壊、赤イ竹は基地放棄を決め、島の自爆装置を作動させる。しかし、エビラ除けの黄色い汁が偽物にすり替えられていたため、脱出した赤イ竹はエビラにより全滅する。再び激突するゴジラとエビラ。目覚めたモスラは島民の救出のためレッチ島に向かう。果たして吉村たちやインファント島の原住民は島から脱出できるのだろうか。

A teenage sailor along with two friends and a stowaway bank robber, sails to the South Sea on a stolen yacht, searching for his shipwrecked older brother. The boat is attacked by a giganitic lobster-like creature and washes ashore on Lechi Island, the secret base of a terrorist group assembling nuclear bombs. They are hunted down, but they retaliate by waking up Godzilla. Godzilla battles the sea monster called Ebirah and destroys the terrorist’s compound. The heroes and a group of enslaved natives escape with the help of Mothra before the island is destroyed by a nuclear explosion.

Cast & Characters

吉村:宝田明
ダヨ:水野久美
竜尉隊長:平田昭彦
基地司令官:田崎潤
仁田:砂塚秀夫
市野:当銀長太郎
彌太:伊吹徹
良太:渡辺徹
船長:天本英世
原住民:沢村いき雄
白衣の男A:伊藤久哉
デスク:石田茂樹
カヌーで逃げる原住民:広瀬正一、鈴木和夫
村人:佐田豊
イタコ:本間文子
カネ:中北千枝子
漁業組合長:池田生二
白衣の男B:岡部正
中年記者:大前亘
若い記者:丸山謙一郎
警備兵:緒方燐作
赤イ竹隊員・インファント島の原住民 [2役]:勝部義夫
巡査:澁谷英男
ゴジラ・インファント島の原住民 [2役]:中島春雄
エビラ:関田裕
小美人:ペア・バンビ
踊るインファント島の原住民たち:スタジオNo.1ダンサーズ

Staff

製作:田中友幸
脚本:関沢新一
音楽:佐藤勝
撮影:山田一夫
美術監督:北猛夫
録音:吉沢昭一
照明:隠田紀一
チーフ助監督:佐野健
編集:藤井良平
製作担当者:橋本利明
整音:下永尚
音響効果:金山実
スチール:副田正男
現像:東京現像所
監督:福田純

Trailer

MyKaiju