Widget Image
MyKaiju Godzilla | An Introduction to Godzilla

An Introduction to Godzilla

決定版ゴジラ入門 Definitive Edition Godzilla Introduction

[22]
●昭和42年● (Showa Era 42)
ひたいが盛り上がていて、目がやさしい。尾は長い。ミニラを育て、カマキラスなどと戦った。The height of the brow is elevated and simple eyes. Long tail. Raising Miniya and battling the Kamakilas.

●昭和43-47年● (Showa Era 43-47)
怪獣ランドに住んでいた。キングギドラと三回目の決戦をし、ガバラ、ヘドラ、ガイガンとも戦った。Living on Monster Island. Battled King Ghidorah three times, Gabara, and Gigan also.

●昭和48-49年● (Showa Era 48-49)
少し太ったような、丸みのある顔だらになっている。メガロやガイガン、メカゴジラと戦った。A little chubby and round face. Battled Megalon, Gigan, and MechaGodzilla.

●昭和59年● (Showa Era 59)
重厚なイメージを増して、いっそう凶暴になってあらわれた。しかし、アゴの丸みからはやさしさも感じられる。Strong image and ferociousness appearance. But the jaw suggests tenderness.

[23]
●昭和50年● (Showa Era 50)
前年のゴジラより目つきが少し鋭くなった。メカゴジラIIやチタンオザウルスと戦った。His eyes were less sharp than in previous yes. He batted MechaGodzilla 2 and Titanosaurus.

●平成元年● (First Year of Heisei Era)
火山の爆発で目ざめ、三原山火口から復活する。科学が生んだ巨大植物ビオランテと戦う。Waking by a volcanic explosion, he awakens from Mihara crater. He battles the gigantic living plant, Biollante created by science.

●平成3年● (Third Year of Heisei Era)
身長100メートル、体重6万トンとワーアップされた。キングギドラと対戦する。He increased to 100 meters in height and 60,000 tons. He battles King Ghidorah.

●平成4年● (Fourth Year of Heisei Era)
翼長175メートル、体重2万トンのモスラ、バトラと三つ巴の死闘がはじまる。モスラの毒分に苦戦。He engages in a three-way fierce battle with Mothra who has a wingspan of 175 meters, weighing 20,000 tons, and Battra. He struggles with Mothra’s poison.

●平成5年● (Fifth Year of Heisei Era)
人間につかまったベビーゴジラを救っため、戦闘マシンのメカゴジラと戦う。Baby Godzilla is rescued and cared for by humans, and he fights the battle machine MechaGodzilla.


決定版ゴジラ入門 Definitive Edition Godzilla Introduction

[24]
ゴジラの行動を調べよう Let’s investigate Godzilla’s behavior
このコーナーで、ゴジラの生物としてのいろいろな行動をさぐってみよう。In this segment, we will investigate Godzilla’s various behaviors.

海からあらわれて泳ぐ He swims after emerging from the sea
ゴジラは、海の中からとつぜんあらわれるから、海底から青白い巨大な光のかたまり近づいてきたら用心しよう。ゴジラが、浮かび上がろうとしているのかもしれない。急に海面があわ立つと、水をしたたらせながら上半身をぬっと出す。Bluish white light flashes from the bottom of the sea and from the depths of the sea Godzilla appears drawing near. Coming up from swiftly from the surface, water dripping with half his body suddenly coming forth.

その後、ゴジラは泳ぎ始める。スピードは、原子力力水艦くらいだ。ゴジラが泳ぐと大波が立つから、小さな船はその波に巻きこまれて、あっというまにバラバラだ。After that, Godzilla begins to swim. His speed is like a nuclear-powered warship. Godzilla surges up and a small boat is tossed and broken in pieces just like that.

[25]
水中にもぐってひそむ He dives into the sea to be concealed

ゴジラは、水の中に自由にもぐることができる。もぐる時は、からだ全体を少しずつ水に沈めることが多い。また、尾をふり上げて、その勢いで頭から一気に、もぐってしまうこともある。Godzilla can freely go underwater. When he dives, little by little more his whole body is underwater.

ゴジラは、水の中を自由に泳いだり、海底を歩きまわったりすることができる。また、何か月も海の中にひそんで、じっとしている時もある。Godzilla freely swims underwater, where he is able to walk on the bottom of the sea. Still, how many months does he remain underwater motionless.

では、なぜ水中にもぐっていられるのだろうか? えらのようなものがあって、水中でも自由に呼吸できるのか、それとも時には、空気を吸うために海面に浮き上がるかは、よくわかってない。Then, why does he dive underwater? It is not understood whether he can easily use his gills to breath or at the time he can rise to the surface to get air.


決定版ゴジラ入門 Definitive Edition Godzilla Introduction

[26]
上陸して建物などを破かいする He smashes buildings and other things when ashore

ゴジラは、陸にも平気で上がってくる。ゴジラの先祖も、時どき上陸して、からだを休めたり卵を生んだりした。Godzilla comes on land effortlessly. Godzilla’s ancestors sometimes came upon the land to rest and to lay eggs.

陸上では、人間と同じょうに日本足で立って歩くが、人間たちにとってはたいへんなことだ。家はふみつぶされ、ビルや橋、道路もめちゃめちゃに破かいされてしまうからだ。On land, Godzilla like humans stands and walks in Japan causing disaster for humans. He destroys homes, buildings, bridges, and highways.

ゴジラは、何度も日本に上陸しているが、そのたびに、人びとを恐怖におとし入れた。How many times has Godzilla entered Japan, but on this occasion every person is terrified.

海と陸を、自由に動きわまるゴジラこそ、怪獣の王者なのだ。Godzilla is the king of the monsters freely movig in the sea and on the land.

[27]
歩くことも走ることもできる He is able to walk and run.

ゴジラは、ふだんは自動車がゆっくり走るくらいのスピードで歩いている。しかし、ほかの怪獣と戦ったりする時には、そのスピードがぐーんと上がる。Godzilla usually walks at the slow speed of an automobile. But, at the time of a battle with other monsters, his speed noticeably increases.

ゴジラが歩く時は、ドーンという、雷のような大きな足音をたてることがある。砂浜のように、地面がやわらかいとこところでは、歩いたあとに巨大な足あとと、尾を引きずったあとがのこっている。When Godzilla walks, his footsteps are like thunder making booming sounds. When he walks his gigantic footprints and dragging tail are drawn on soft surfaces like sandy beaches.


決定版ゴジラ入門 Definitive Edition Godzilla Introduction

[28]
尾を振ってからだのバランスを取る He keep his balance by waiving his tail.

ゴジラが歩く時は、からだのバランスを取ることために、いつも尾を振っている。Godzilla waives his tall to balance his body when walking.

この尾は、ゴジラの武器にもなるくらい大きくて重い。だから、尾を振った時に、それが建物に当たったりすると、ガラガラとくずれてしまう。His tail with its heavy weight becomes Godzilla’s weapon. So when swinging his tail, this can strike buildings, rattling and crumbling them.

だから、怪獣たちも、尾の動きにいつも注意をはらっている。怪獣が恐れるくらいだから、人間は尾の一撃を食っただけで、命を失ってしまうことはかくじつだ。So, other monsters must pay attention to his tail movement. So monsters must fear, a person will loose his life with only one blow.

[29]
おどしたり警戒する時にほえる He roars when threatening violence

ゴジラは、大きな口を開いてほえながら敵をおどす。その鳴き声は、『ギャオーン!』という感じで、とても独特な声だけに、はるか遠くからでも、ゴジラがいるのがわかる。Godzilla threatens his opponent by roaring with his great mouth open wide. His roar sounds like “Gyaoon,” a very unique sound from a distance, Godzilla is identified.

また、敵のようするをうかがう時は、『ウオッ、ウオッ!』という警戒音を出したり、うれしい時やねむい時は、『クーっッ、クーっッ!』と、のどを鳴らしたりする。Waiting for his opponent, he makes the warning sound, “Uoo, Uoo.”

こんな時のゴジラは、犬やネコなどとほとんど変わらないくらい、かわいらしくて、親しみあふれる動物に思っる。At times Godzilla can change to be kind and affectionate animal like a dog, cat, and others.


決定版ゴジラ入門 Definitive Edition Godzilla Introduction

[30]
クジラや魚を食べる He eats whales and fish

ゴジラも、動物だから食事をするが、そのエサは、ほかの動物の肉だ。左の写真は、牛をくわえているめずらしいシーンだが、陸上では、あまりエサを取っているところを見たという人はいない。Godzilla also feeds meat from other animals. The picture on the left is a rare scene of him feeding on cattle when, but on land no person has seen the place where he keeps the remainder of his food.

巨大なからだのゴジラは、海のほうがたくさんのエサのを取ることが、できるにちがいない。クジラや魚の大きな群れのあとを追いかけて、一度におなかいっぱいになるまで、食べてしまうのだろう。There is various food throughout the sea for Godzilla’s gigantic body. He probably pursues and feeds on whales and schools of fish until he is completely satisfied.

[31]
どこでも寝てしまう He lies down anywhere

ゴジラも、人間と同じようにねむるが、その時のスタイルさまざまだ。洞くつの中でうつ伏せにんでいねむりしたり、ゴロンと横になって寝てしまうこともある。Like humans Godzilla also rests in various positions. Inside cases lying on his face he nods off to sleep.

山の中の湖で寝ていた時、尾を両手でかかえて丸くなっていた。この時は、冬眠に近い状態だったようだ。When he sleep in a mountain lake, he rolls up his tail with both hands. This appears to be like hibernation.

特徴は、一度寝こんでしまうと、なかなか目をさまさないことだ。He has a trait that he doesn’t wake up when crowded.

海の中では、どんなスタイルで、寝ているかはわかっていない。We don’t know what way he sleeps in the sea.


決定版ゴジラ入門 Definitive Edition Godzilla Introduction

[32]
ミサイルをはね返す堅いからだ Solid body that repels missiles

ゴジラの皮膚は、深海のものすごい水圧に耐えられるように、とても堅くてじょうぶだ。そのために、すぐ近くで水素爆弾が爆発しても生きのこることができた。Godzilla’s skin is very solid surface in order to withstand deep sea water pressure. For this reason, he survived the explosion of hydrogen bomb explosion in the immediate vicinity.

戦車の大砲や、ジェット機のミサイルがからだに命中しても、まったく平気なのはようぜんのこうとだ。Tank cannons and jet missiles hitting his skin, he remains completely calm.

ゴジラは、からだが大きいので毒ガスなどをたくさん吸いこんだとしても、あまり効果がない。人類が、人類同士での戦争に使う武器は、ゴジラにはあまり役に立たないということがいえる。Godzilla inhales poisonous gas with his big body rendering it not very effective. Humans at war with their fellow humans use weapons, they are useless against Godzilla.

33
ほかの星でも活動できる肺 His lungs work on other planets

ゴジラは、一度だけが、宇宙のかなたの星で活動したことがある。木星の裏側にあるX星だ。Godzilla only once lived on a faraway planet in outer space. On the reverse side of Jupiter is Planet X.

この時は、ねむったまま、X星人によって地球からX星までばれたのだが、目をさましてからは、空気の薄いX星でも、地球上とほとんど変わらない動きを見せた。At this time he was caught up in a state of sleep on Planet X from earth and his movement on the earth remained unchanged when he awakened in the pale atmosphere of Planet X.
その秘密は、肺の働きだ。ゴジラの肺は、わずかな薄い酸素を逃がさばいで、取り入れることができたようだ。またこの時は、体内の原子エネルギーも使ったのかもしれない。The function of his lungs is a secret. Godzilla’s lungs taken in oxygen allowing little air out. Yet at this time, he also can use the atomic energy inside.

PREV

Godzilla vs Mothra 1992

NEXT

Noriyoshi Ohrai

MyKaiju